share!

韓国与野党の支持率逆転で文政権苦境

韓国の文在寅政権を支える与党と、それに対する最大野党の支持率が、2017年の文政権発足以来、始めて逆転したことがわかりました。
きょう発表された最新の世論調査によりますと、与党「共に民主党」の支持率は、前の週に比べて1.7ポイント下がった33.4%でした。
一方、保守系の最大野党「未来統合党」は、1.9ポイント上がった36.5%で、与党「共に民主党」を上回りました。
これに伴って、文大統領への支持率も下落傾向が続いていて、支持すると答えた人は前の週より0.6ポイント下がった43.3%でした。
韓国では、社会問題化している不動産価格の高騰に対して、政権与党が有効な政策を打ち出せていないことへの不満が高まっていて、文政権は苦しい立場に立たされています。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ