share!

河井克行被告の弁護士解任

去年7月の参議院選挙をめぐり地元の県議らに票のとりまとめを依頼し、現金を提供したなどとして公職選挙法違反の罪に問われた前法務大臣の河井克行被告が6人の弁護士全員を解任したことが分かりました。
弁護士が解任されたことであす以降の裁判が開けなくなる可能性があります。
解任された弁護士によりますと百日裁判のため審理日程が詰まっていて、十分な防御権の行使が出来ていないことが解任の理由ではないかということです。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ