share!

新型肺炎 中国死者1,500人超 北京で14日間の経過観察措置

新型コロナウイルスによる肺炎で、中国での死者は1,500人を超え感染者は6万5,000人を超えました。首都北京では、市内での感染拡大を防ぐための異例の措置に踏み切りました。

中国の保健当局はきょう、中国本土での新型肺炎の死者はきのうから143人増えて、1,523人となり、感染者は2,641人増え6万6,492人になったと発表しました。

一方、中国メディアによりますと、およそ2,000万人の人口を抱える北京市当局は、春節の連休が明けて帰省先などから戻る人は、新型肺炎の潜伏期間を踏まえ14日間、自宅や施設などでの経過観察を義務付けると発表しました。従わない場合は法的な責任を追及するとしています。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ