share!

日韓首脳が短時間の会談

悪化の一途をたどってきた日韓関係に、動きがありました。
ASEAN=東南アジア諸国連合の関連首脳会議に出席するため、タイを訪れている安倍総理大臣と、韓国の文在寅大統領が、およそ10分間と非常に短い時間でしたが、直接会談しました。
「総理同行・坂本記者の報告」: きのうは握手とあいさつを交わしたのみでしたが、両首脳はマスコミの取材が入らない舞台裏で、わずかな時間、通訳だけを伴い互いにお礼を伝え合ったということです。
韓国大統領府が、会談の様子を写した写真を公開しました。
一つのソファに、距離を詰めて安倍総理と文大統領が座っています。
この写真は、韓国が会談後すかさず公開しました。
韓国はこれまでも、要請していた会談を実現にこぎつけていなかった中で、わずかな時間とはいえ、日本との会談を「開こうと思えばすぐにでも開ける」という自身の影響力を誇示していると読み取れます。
会談はおよそ10分間に渡り、日韓を巡る懸案について「対話を通じて解決すべきだ」という原則を再確認したということです。
これについて韓国側は「安倍総理があらゆる可能な方法を通じて、解決方法を模索する努力をしていこうと応じた」としていますが、日本側は「今まで通り、1965年の日韓請求権協定で問題は解決済みという日本の立場を伝えただけだ」と話していて、日韓で温度差もうかがえます。
また今回の会談では「今後の首脳会談に関するやりとりはなかった」とされていて、今後も、公式な首脳会談ではなく、水面下や非公式な会談で問題解決を図っていくことが予想されます。
予定になかった会談の実現が実際に今後の関係改善への糸口になるのかどうか、次の歩み寄りの形に注目が集まります。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ