share!

元特許庁長官...なぜマルチ?

マルチ商法を展開していたジャパンライフと政治の問題。
きょうは、霞が関の官僚とジャパンライフの関係について独自取材でお伝えします。
こちら、ジャパンライフが販売促進に使ったチラシです。
特許庁のお墨付きを得たことをアピールする内容で、3枚並んでいる登録証は、ジャパンライフの磁気ネックレスなどについて特許庁が2006年に「意匠権」を認めた際のものです。
当時、このデザインの「意匠権」を認めた特許庁長官は、この中嶋誠氏。
ところが、こちらのチラシには驚いたことにその中嶋氏が2016年にジャパンライフの顧問に就任したと書かれています。このことについて、中嶋元特許庁長官は、なんと答えたのでしょうか。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ