share!

政府 邦人帰国で3機派遣

日本政府は、武漢市に滞在している日本人を帰国させるために、
あす、全日空機2機と政府専用機1機の少なくとも3機を現地へ派遣する方向で調整に入ったことが
テレビ東京の取材で明らかになりました。

また、安倍総理大臣は、日本での感染拡大を防ぐため、
新型コロナウイルスによる肺炎を、感染症法上の「指定感染症」に指定する方針を示しました。


安倍総理「新型コロナウイルスに関する感染症を感染症法上の指定感染症等に
あすの閣議で指定する方針であります」

指定感染症に指定されれば、感染患者の入院措置や就業を制限することが可能になり、
政府として、感染拡大防止に向け踏み込んだ対応を取った形だ。

菅官房長官「中国政府との調整が整い次第、チャーター機の派遣等あらゆる手段を追求して、
希望者全員を帰国させる考えであります」

また、政府は武漢市に滞在している日本人を帰国させるため、全日空のチャーター機2機に加え、
政府専用機1機の少なくとも3機をあす武漢に派遣する方向で調整に入ったことが、
テレビ東京の取材で分かった。

全日空機は、成田空港から出発させる見通しだ。

武漢では現地企業に対し、「空港行きのバスが出る」という案内がすでに出されているという。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ