share!

26日のマーケット

マーケット情報です。
日経平均株価は882円安。
昨日までの3日で3,000円近く急騰した反動もありますが東京などでの外出自粛要請で人の流れ、消費が大きく影響を受けることを懸念、特に外食産業が大幅安となりました。
東海東京調査センター仙石さんの注目ポイント「首都圏封鎖への警戒感」先進国の中では最も行動規制がかけられていなかったことが海外市場に比べ日本株の強さにつながっていたが、それが一転。
関東の経済規模は日本のGDPのおよそ4割を占めるだけに、いかに自粛を強化して短期で感染を抑え、経済活動を取り戻せるか、に尽きると仙石さんは指摘していました。
あすの予定です。
ソフトバンクが次世代通信規格「5G」のサービスを開始します。
携帯大手3社ではNTTドコモ・KDDIがすでに5Gのサービスを開始していて、利用者の獲得競争が激しさを増しそうです。
また、午後9時半にはアメリカの個人所得と消費の発表があります。
アメリカのGDPのうちおよそ7割が個人消費ですので今後のアメリカ経済を占う上でも重要な指標となります。
新型コロナウイルスの感染拡大が個人の日々の買い物にどのような影響を及ぼしているのか、注目されます。
きょうのマーケットでした。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ