share!

「改ざん、真実知りたい」森友問題で自殺職員の妻 国へ賠償請求 きょう初弁論

「森友学園」をめぐる国有地の売却問題で公文書の改ざんをさせられ自殺した近畿財務局の
職員・赤木俊夫さんの妻が国や佐川元局長を訴えた裁判の第1回の口頭弁論が大阪地裁で行われました。
赤木雅子さんは意見陳述で「最期の夫の顔は「絶望」に満ちあふれ泣いているように見えました」
「真面目に働いていた職場で何があったのか、何をさせられたのか私は知りたいと思います」と述べました。
また、改ざんは、安倍総理の「関係していれば総理も国会議員もやめる」とした発言がきっかけだとして、
安倍総理や昭恵夫人に真相解明への協力を求めました。
一方、国と佐川氏側は、「国家公務員が職務で他人に損害を与えた場合、
国が賠償責任を負い、公務員個人が負うものではないとする最高裁判例がある」と主張しました。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ