share!

菅内閣初めてのコロナ分科会

菅内閣が発足してからはじめてとなる、政府の新型コロナ感染症対策分科会が開かれ、来月から海外との往来を段階的に再開することを、基本的に了承しました。
きょうの分科会では、全世界を対象としてきた入国制限を来月から緩和して、ビジネス関係者に加え、留学生など中長期滞在者の入国を認める政府の方針が示されました。
分科会では防疫措置を十分にとることなどを条件に、方針を基本的に認めた模様です。
またイベントのチケット代を補助する「GoToイベント」や、商店街を支援する「GoTo商店街」についても、来月から順次開始することが了承されました。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ