明智光秀(石丸 幹二)

明智光秀(石丸 幹二)

信長に仕えた武将。信長が掲げる未来への展望に共鳴する一方、朝廷や神仏に対する畏敬の念が強く、信長の既成秩序の破壊や容赦ない殺戮に徐々に疑問と恐れを抱き始める。近衛前久と親交があり、「本能寺の変」では信長を急襲したことで知られる人物。