近衛前久(寺尾 聰)

近衛前久(寺尾 聰)

五摂関家筆頭の地位にある朝廷側の人物。信長が天下統一に近づく中、朝廷を守るためにあえて信長に近づく一方で信長謀殺を決した。信長に対し憧憬と強い嫉妬を抱く。豊臣秀吉や明智光秀の思いを利用し「本能寺の変」の黒幕として暗躍する。