リオデジャネイロオリンピック2016

日本メダル獲得数

  • 12
  • 8
  • 21

OA競技 On air games

柔道

8月12日(金)夜9:00~深夜1:45柔道 男子100kg超級・女子78kg超級 予選

2012年秋から指揮を執っている、井上康生ジャパンの元で練り上げられてきた男子は、7階級のうち5階級の代表が世界チャンピオンです。大いに金メダルを期待できるが、中でも、このリオ五輪に柔道日本の復活が期待されるのが、テレビ東京が中継する「100㎏超級」。この階級には、ロンドン五輪金メダリストで、世界選手権も8連覇中のテディリネール(仏)という絶対王者に、ニッポンの「原沢久喜」選手がどう立ち向かうかがポイントに。山下、斎藤の時代から伝統の階級といわれるこの最重量級で、日本に金メダルをもたらせれば、本当の柔道日本の復活になるのです!また女子でも、ロンドン金メダリストの松本選手を筆頭にメダルの可能性が高い選手が勢ぞろいしますが、テレビ東京中継階級の女子78㎏超級では、代表選考レースの最後の最後で切符を勝ち取ったミラクル「山部佳苗」選手の活躍に期待です。豪快な払い腰という技で、次々と一本をとってゆく姿が魅力の山部選手は、かつてこの階級で活躍した塚田選手や杉本選手にも劣らない実力を持っていて、メダルに期待がかかります。

代表選手
  • 男子100kg超級:原沢久喜(はらさわひさよし)
  • 女子78kg超級:山部佳苗(やまべかなえ)