秋草新十郎|松岡昌宏

秋草新十郎|松岡昌宏

北町奉行・町村典膳配下の同心。
悪に対し、「詮議無用でたたっきるべし」との信念を持ち、容赦なく悪人たちを斬り捨てる。小弥太とは、幾度か剣を交える宿命のライバル。
元は貧乏御家人の三男坊の冷や飯食い。養父が金で同心株を買ったことで、今の地位を得た。それが引け目となって、「誰よりも武士らしくあろう」と突っ張っている。
北町奉行・町村に仕えるが、捨て駒に使われていただけだとわかると、その刀を町村に向ける。そしてその後、小弥太、十蔵とわだかまりが解け、ついには隠密同心の一員となる。