平賀源内|小林稔侍

平賀源内|小林稔侍

蘭学者で山師、発明家、戯作者で絵も描くマルチ人間。
杉田玄白や蔦屋重三郎など、江戸の文化人と幅広い交遊を持ち、才能を認められ田沼とも親交が深かった。十年前、人を殺して死罪を言い渡されるが、牢内で獄死する。だが、実際は、源内の才能を惜しんだ田沼によって救われ、遠州相楽に身を隠していた。
早苗の教育係。追われる早苗を守り、策を巡らせて逃走している。