徳川家斉|小澤亮太

徳川家斉|小澤亮太

徳川11代将軍。
御三卿の一つ、一橋家の当主一橋治済の長男として生まれる。松平定信を老中とし、寛政の改革を断行させた。定信失脚後、右大臣・左大臣・太政大臣となり、隠居後も大御所と称して政治の実権を握った。