十文字小弥太|高橋克典

十文字小弥太|高橋克典

隠密同心筆頭格。
表の顔は珊次郎と名乗る遊び人。江戸の打ち壊し騒動の折りに、町人たちを守るため、同心・秋草新十郎らと戦って捕縛され、牢に入る。義侠心の強さを内藤勘解由に見込まれて、隠密同心となる。元は、名字帯刀を許された豪農の生まれだが、兇賊の一味に襲われて一家は全滅。その時、武士たちがなんの助けにもならなかったことから、大の侍嫌いになった。
以後、腕だけが頼りの無宿人として世を渡ってきたが、どこでどのようにして暮らし、剣の腕を磨いたかは定かでない。「抜刀無念流」の使い手。
田沼意次の娘・早苗と互いにひかれあう。