田沼意次|瑳川哲朗

田沼意次|瑳川哲朗

老中・相楽藩主。
悪化する幕府の財政赤字を食い止めるべく、重商主義政策を採る。俗にいう田沼時代。しかし、都市部の治安の悪化、一揆・打ちこわしの激化、賄賂横行により政権への不満が高まり、失脚する。
しかし、政権を引き継いだ定信のぜいたく禁止令は暫くすると町民から嫌気がさされ、田沼時代を恋しく思う声が次第に増える。