• #
  • トップ
  • アニメ
  • 「進撃の巨人」の舞台は長野県!? 声優・羽多野渉が地元あるあ...

「進撃の巨人」の舞台は長野県!? 声優・羽多野渉が地元あるあるトーク

アニメ

テレ東

2019.6.3

アニメをとことん楽しめる動画配信サービス「あにてれ」では、人気声優らのオリジナル番組も配信中! 声優界の大御所・堀内賢雄と、愛弟子・寺島惇太がMCを務める「声優ケンユウ倶楽部」(毎週火曜 昼12時~配信中)では、毎回豪華なゲストを迎え赤裸々トークをお届け。人気声優の貴重な素顔が見られます!


kenyukurabu_20190603_01.jpg
オープニングで令和になっての意気込みを聞かれた寺島は、「声優界を代表する声優になりたい!」と大きな目標を掲げて番組スタート! 6月のマンスリーゲストは、『黒子のバスケ』『ユーリ!!! on ICE』などの人気キャラクターを多数演じ、アーティストとしても活躍する羽多野渉が登場。堀内は、羽多野を「紳士で優等生、正統派二枚目」と絶賛。寺島にとっては、同郷長野県出身の大先輩。今回はどんなトークが飛び出すのか!?

kenyukurabu_20190603_02.jpg
【羽多野渉プロフィール】
1982年3月13日生まれ。長野県出身。アミューズメントメディア総合学院声優タレント学科在学時に、子安武人作オリジナルドラマCDで声優デビュー。2008年、第二回声優アワード新人男優賞受賞。主な出演作に「黒子のバスケ」(実渕玲央)、「ユーリ!!! on ICE」(ギオルギー・ポポーヴィッチ)、「アイドリッシュセブン」(八乙女楽)など。

声優界には長野出身者が意外と多い!?


kenyukurabu_20190603_03.jpg
開始早々、堀内は、長野出身の羽多野のため「私、リンゴを用意しておきました」と、セットの棚に置かれたリンゴを指してアピール。羽多野が「これ賢雄さんが用意したんですか!?」と驚くと、すぐに演出家が用意したとネタばらし。ここから、まずは長野トークが始まります。

羽多野、寺島をはじめ、実は、声優界には長野出身者が意外と多いんです。"住みたい県ナンバーワン"の長野県に対し、隣の静岡県出身の堀内に言わせると「寒すぎるよ」と不満を。しかし、寺島の地元・上田は盆地なので、湿気が多く蒸し暑い時もあるとのこと。長野は広いので、標高が高く寒いところもあれば、住みやすいところもあるようです。

kenyukurabu_20190603_04.jpg
羽多野の地元は、東筑摩郡の朝日村という小さな村で、冬はやはり寒いそう。今や有名声優の羽多野、帰省したら大変だろうという話になり、堀内が「ブラスバンドが出迎えるんじゃないの」とあおると、寺島も「『お帰りなさい!』みたいな」と横断幕を掲げるジェスチャーで乗っかります。悪ノリする2人に、羽多野は「ないですから!」と大爆笑でした。

白文帳?寒中休み?「長野県あるある」


kenyukurabu_20190603_05.jpg
続いて、「長野県あるある」を紹介。「漢字練習は白文帳だった」というあるあるを見た堀内は、「白文帳って何? 俺の時代は木に書いてた」とひとボケ。白文帳とは長野県にしかない漢字の練習帳で、書き取りをする小さいノートのこと。羽多野は父親から「(長野は)教育県だから勉強をしっかりやるんだよ」と言われて育ったそう。

また、長野の夏休みは7月末から8月のお盆までと短く、かわりに冬休みは長めで2月には"寒中休み"が。羽多野は、他県の出身者に話を聞くと「だいたい8月は全部夏休みだったっていう人がほとんど」と驚いたそう。

kenyukurabu_20190603_06.jpg
堀内が「(夏休みが短くて)納得いかないみたいなことなかったの?」と聞くと、他県の情報が入ってこなかったという羽多野。閉ざされているようなイメージから、「初めて『進撃の巨人』を見た時に、これ長野県の話なんじゃないのかなって」との発言には一同大爆笑! 360度山に囲まれているところが、『進撃の巨人』の高い壁に囲まれた街と重なるそうです。この他、「イナゴ、蜂の子、ざざ虫を食べていた」などのあるあるについても聞きます。

おばあちゃん子だった少年時代


kenyukurabu_20190603_07.jpg
両親共働きだったため、祖母と過ごす時間が長かったという羽多野。その祖母も今年88歳。数年前に羽多野のライブに招待したところ、元気にサイリウムを振って楽しんでくれたようで、「嬉しかったですよ」と振り返ります。

また初恋の話題も。お相手は、小学校1年の時の同じクラスの女の子で、羽多野いわく「人によって態度を変えない人」。劣等感のようなものを抱いていた羽多野少年にも、普通に話しかけてくれるところを好きになったそう。それを聞いた堀内は、「その彼女に仮面ライダーを見たわけだな」と指摘。ヒーロー的な部分に惹かれたところもあったようです。

kenyukurabu_20190603_08.jpg
ここで寺島が、幼稚園時代の体験談を披露。寺島を好きだったという女の子が、お昼寝の時間、寺島を恐怖に陥れることに......。その驚愕の行動とは!? このトークの模様は、「あにてれ」で6月4日(火)から配信!

6月11日(火)より配信の#2では、声優に興味を持ったきっかけから、デビューに至るまでの話を。
6月18日(火)より配信の#3では、羽多野が今ハマっているゲームを3人でプレイ。
6月25日(火)より配信の#4では、下積み時代のアルバイト、今後挑戦してみたいことについて聞きます。ぜひ、お楽しみに!
「声優ケンユウ倶楽部」
【配信日時】毎週火曜 昼12時より配信中!
【番組MC】堀内賢雄、寺島惇太
URL:https://ch.ani.tv/titles/482

堀内賢雄:1957年静岡県生まれ。ケンユウオフィス代表取締役。1983年特撮番組「アンドロメロス」のアンドロウルフ役でデビュー。主な出演作は、アニメ「機動戦士ガンダムΖΖ」(マシュマー・セロ)、「鬼平」(長谷川平蔵)、ゲーム「アンジェリーク」(炎の守護聖オスカー)など多数。洋画の吹き替えでは、ブラッド・ピットをはじめ、チャーリー・シーン、ベン・スティラー、ベン・アフレックなどを担当している。

寺島惇太:1988年長野県生まれ。日本工学院専門学校、talkbackを経て、ケンユウオフィス所属。主な出演作に、「KING OF PRISMシリーズ」(一条シン)、「ムーミン谷のなかまたち」(ムーミントロール)、「アイドルマスター SideM」(大河タケル)など。

【「あにてれ」とは?】
テレビ東京が提供する、アニメ見放題の動画配信サービス(月額700円/税抜)。最新アニメはもちろん、懐かしのアニメも見放題のほか、「あにてれ」だけで視聴できるライブ配信やオリジナル番組も多数。さらに、最新アニメニュースがチェックできたり、各種アニメ関連イベントへのご招待や限定グッズのプレゼントもあったり...と、アニメをとことん楽しめます。
無料コンテンツも盛りだくさん! 1カ月間無料トライアルも実施中なので、まずは試してみて!
https://ch.ani.tv/

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧