• #
  • トップ
  • アニメ
  • 宇宙にある水分の中でコーラが一番好き! ジャイアンの声優・木...

宇宙にある水分の中でコーラが一番好き! ジャイアンの声優・木村昴が秘蔵コレクション披露

アニメ

テレ東

2019.8.5

国民的なアニメキャラクター『ドラえもん』のジャイアン(剛田武)の声を担当する声優・木村昴が、趣味で集めるコーラのコレクションを披露! ドイツで過ごした幼少期のエピソードなどもお届け。

kenyukurabu_20190805_01.jpg
動画配信サービス「あにてれ」で配信中の、声優界の大御所・堀内賢雄と、愛弟子・寺島惇太がMCを務める「声優ケンユウ倶楽部」(毎週火曜 昼12時~)。

冒頭から、寺島が「やー!」と元気いっぱいに声を出し「声優ケンユウ倶楽部」スタート!前回、堀内に「元気ないよ」と指摘された寺島は「元気の引き出しがダチョウ?楽部さんしかなくて」と、このオープニングに。そんな2人に負けないくらいパワフルな8月のマンスリーゲストは、国民的アニメ『ドラえもん』の2代目ジャイアンでおなじみ木村昴。

kenyukurabu_20190805_02.jpg
【木村昴プロフィール】
6月29日ドイツ生まれ。ドイツ人でオペラ歌手の父と日本人で声楽家の母との間に生まれ、7歳で帰国後に児童劇団へ所属する。2005年より『ドラえもん』にて、たてかべ和也に代わりジャイアンこと剛田武の声を担当。2017年に始動し現在も爆発的な人気を誇る音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』にて山田一郎役を演じる他、好良瓶太郎として劇中歌の作詞も手掛けている。その他の主な出演作品は、『輪るピングドラム』(高倉冠葉)、『Bラッパーズ ストリート』(ヨーヘイ)など。

コーラ愛あふれる秘蔵コレクション披露


kenyukurabu_20190805_03.jpg
のっけから堀内が「(ゲストで)これだけ顔の濃い人は初めて」と紹介すると、木村は「ホリの深い僕とホリ内さん」とダジャレを。"ダジャレのケン"を自称する堀内は、「俺が今言おうとしてたのに」と思わず立ち上がって悔しがります。

kenyukurabu_20190805_04.jpg
ここで、木村の大好物コーラとスニッカーズが登場。「宇宙にある水分の中でコーラが一番好き」という木村は、「このコンビは最強!」と断言。ちなみに大好きな食べ物はピザ、ケバブ、スニッカーズだそう。濃い顔立ちにあまりにもぴったりのラインナップに、寺島も「めちゃめちゃ海外の血が」と納得の声。

木村自ら3人分コーラの栓を開けて、乾杯! ゴクリを美味しそうに飲み、カメラ目線で「う~まいぜ~!」とキメる木村。寺島が「CM来るレベルで似合ってますよ」と口にすると、木村は再びカメラ目線で「(CM)来て!」と猛アピールしました。

kenyukurabu_20190805_05.jpg
木村は自宅にコーラの瓶や缶を集めたコレクションを持っているそうで、その熱の入れようは缶のサイズに合わせて棚を自作するほど。棚は現在8台もあると聞き、2人はびっくり! 「コーラにこんな種類があるの?」と堀内。世界中に膨大な数があるそうで、世界一のコレクターが持っているだけでも3万種類もあるのだとか......。

現在のボトルコレクションは国内のもので600ほど、海外のものは200~300所持しているという木村。120年以上の歴史があるものなので、最初の1本目から集めようとすると入手が大変なのだそう。

堀内の実家にも古いボトルがあるのでは? という話になり、「もし見つけたら譲っていただけませんか」と食いつく木村に、堀内が渾身のボケを繰り出す!?

台本もすべて保存! その理由とは!?


kenyukurabu_20190805_06.jpg
木村にはコーラの他にも集めているものが。なんと初めて芝居をした時からこれまでの台本を、すべて保存しているそう! それを聞いた堀内が「その日に捨ててる人間とは違うな」と寺島をイジると、寺島は「その日には捨ててない!(笑)」と猛反論して一同大爆笑。堀内も台本の表紙だけは保存しているそうです。

木村は台本を全て残しておく理由を、挫けそうになったり迷ったりする時、今までの台本が並んでいるのを見て、「これまでこんなに読んでるんだから大丈夫だ!」と自分を鼓舞させるためだと説明。さらに、台本に対する思いも語ります。

初恋はブロンドの髪に青い瞳の女の子


kenyukurabu_20190805_07.jpg
続いて、木村が7歳まで過ごしたドイツでの話を。幼少期から、人を笑わせるのが好きなお調子者だったという木村。初恋は保育園の頃で、お相手はブロンドの髪に青い瞳の女の子。「初めて会ったとき、青い瞳に吸い込まれていくような感覚だった」と思い出を。

kenyukurabu_20190805_08.jpg
7歳で日本に来た木村は、言葉の壁はあったものの、日本人の母親の影響で日本文化にそれほど抵抗はなかったそう。ただ、ドイツの学校にはなかった給食のシステムには、少々不満も!? 給食ではなくお弁当や食堂だったドイツでは飲み物が選べたため、日本の給食には「え~牛乳しかないの~?」と思ったのだとか。

また母親は、日本文化に触れながら日本語を学べるようにと、木村を児童劇団に入れてくれたのだそう。そこで芝居、歌、踊りと今につながる勉強ができたことで、「今となっては本当に母に感謝」という木村でした。

この他、ドイツで見ていたテレビ番組や、ドイツと日本の遊びの違いなどで盛り上がったトークの模様は、「あにてれ」で8月6日(火)から配信!

8月13日(火)より配信の#2では、ジャイアン役に決まるまでの経緯、たてかべ和也との思い出を。

8月20日(火)より配信の#3では、ラップミュージックについて堀内にレクチャー。
8月27日(火)より配信の#4では、オフの日の過ごし方、声優として気を付けていることなどを聞きます。ぜひ、お楽しみに!

「声優ケンユウ倶楽部」
【配信日時】毎週火曜 昼12時より配信中!
【番組MC】堀内賢雄、寺島惇太
URL:https://ch.ani.tv/titles/482

堀内賢雄:1957年静岡県生まれ。ケンユウオフィス代表取締役。1983年特撮番組『アンドロメロス』のアンドロウルフ役でデビュー。主な出演作は、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』(マシュマー・セロ)、『鬼平』(長谷川平蔵)、ゲーム『アンジェリーク』(炎の守護聖オスカー)など多数。洋画の吹き替えでは、ブラッド・ピットをはじめ、チャーリー・シーン、ベン・スティラー、ベン・アフレックなどを担当している。

寺島惇太:1988年長野県生まれ。日本工学院専門学校、talkbackを経て、ケンユウオフィス所属。主な出演作に、『KING OF PRISMシリーズ』(一条シン)、『アイドルマスター SideM』(大河タケル)、『ムーミン谷のなかまたち』(ムーミントロール)など。

【「あにてれ」とは?】
テレビ東京が提供する、アニメ見放題の動画配信サービス(月額700円/税抜)。最新アニメはもちろん、懐かしのアニメも見放題のほか、「あにてれ」だけで視聴できるライブ配信やオリジナル番組も多数。さらに、最新アニメニュースがチェックできたり、各種アニメ関連イベントへのご招待や限定グッズのプレゼントもあったり...と、アニメをとことん楽しめます。
無料コンテンツも盛りだくさん! 1カ月間無料トライアルも実施中なので、まずは試してみて!
https://ch.ani.tv/

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧