• #
  • トップ
  • アニメ
  • 乱馬、工藤新一、ウソップなどを演じる山口勝平が、声優を目指す...

乱馬、工藤新一、ウソップなどを演じる山口勝平が、声優を目指すきっかけとなった大御所とは?

アニメ

テレ東

2019.9.2

『ONE PIECE』『名探偵コナン』『らんま1/2』など誰もが知る人気アニメに多数出演するベテラン声優・山口勝平が登場! 旧知の仲である堀内との、爆笑エピソードを披露します。

kenyukurabu_20190902_01.jpg
動画配信サービス「あにてれ」で配信中の、声優界の大御所・堀内賢雄と、愛弟子・寺島惇太がMCを務める「声優ケンユウ倶楽部」(毎週火曜 昼12時~)。9月のマンスリーゲストは、声優のみならず、イラストに落語にと多才ぶりを見せる山口勝平。堀内から「アニメ界の申し子」と称される山口に、幼少期や新人時代の話などを聞きます!

kenyukurabu_20190902_02.jpg
【山口勝平プロフィール】
1965年5月23日福岡県福岡市生まれ。劇団21世紀FOXに入団して舞台俳優として活動する一方で、23歳の時に「どんどんドメルとロン」(船員A)で声優デビュー。2004年には芸能プロダクションの悟空を設立し、社長を務める。主な出演作に「らんま1/2」(早乙女乱馬)、「名探偵コナン」(工藤新一/怪盗キッド)、「ONE PIECE」(ウソップ)など多数。2019年、第13回声優アワードにて富山敬賞を受賞した。

堀内との初めての現場で山口が大爆笑! そのワケは?


声優デビューから約30年、駆け出しの頃から堀内にはよくお世話になっていたという山口。2人の出会いは、1987年製作の日本の農業の大切さを訴えるアニメーション映画『怒りの大地』。デビューしたてでガチガチに緊張していたという山口ですが、収録中、堀内のある行動により緊張どころではない事態に!?

kenyukurabu_20190902_03.jpg
堀内が演じるのは、キャラクターの絵より先に声が登場する役。最初は、若者風に芝居をしていた堀内でしたが、いざキャラが出てくると、なんとおじいちゃん! 慌てて老人風の演技に切り替えたそうで、それを見ていた山口は「(映像を)見てないんだ!」と爆笑。さらにその後、堀内が別役で二枚目キャラを演じる際、急きょ方言のニュアンスを入れることになった時にも、山口は爆笑していたそう。

その時の山口の様子を思い出し、「横で、新人の分際でゲラゲラ笑ってるんだよ」と堀内。「あれが出会いですよ」と、当時を懐かしみます。

kenyukurabu_20190902_04.jpg
また、ガヤをやっている時、堀内は自分の役が出てくると「あれ! あれ!」とわざわざ指差してアピールしてきたそう。そんな若かりし日の堀内の様子を聞いた寺島は、思わず......!?

子ども時代、○○を持っているヤツはヒーローだった!?


続いては、少年時代の話。福岡県の博多で生まれ育った山口。子どもの頃は、当時流行っていた仮面ライダースナックのカード集めに夢中だったそう。ここから子ども時代の遊びの話に。堀内が「うちらの時代は、野球盤持ってたら大変なセレブ」というと、山口も「超合金持ってるヤツがヒーロー!」と盛り上がり、少年のような表情を見せました。

kenyukurabu_20190902_05.jpg
ここで、博多といえば食べ物が美味しいという話になり、寺島がある名物の名前を挙げますが......これが、この照れくさそうな表情に繋がることに。一体何が!?

声優を目指したのには、ある大御所声優の存在が


kenyukurabu_20190902_06.jpg
初恋は小学3年生。お相手の女の子は、現在プロの写真家として博多山笠などの撮影をメインに活躍中で、写真集も出しているそう。堀内に「(彼女の)どこが良かったの?」と聞かれ、山口は照れながらも小3とは思えないオマセな理由を!?

kenyukurabu_20190902_07.jpg
小学校の頃は、少年野球をやっていたという山口。当時『ドカベン』が人気で、のちに山口の師匠となる声優・肝付兼太が演じる殿馬一人が好きで、ポジションも同じセカンドだったそう。

その後も、中学では『エースをねらえ!』に憧れテニスを始めるなど、昔からアニメが好きで大きな影響を受けてきたという山口。子どもの頃は、大工や船乗りや映画の助監督になりたいという夢を抱いたこともあったそう。

そんな山口が声優を目指したのには、ある大御所声優の存在が。当時見ていた作品の主役を数多く務めていたため、声優という職業のことを知らないうちから、影響を受けていたのだといいます。声優になってからも、子ども役のオーディションを受ける時には「あの人だったらどうやるかな」と頭の中で考えることが多いのだとか。その大御所声優とは!?

kenyukurabu_20190902_08.jpg
高校卒業後は役者を目指して上京。専門学校で肝付と知り合い、劇団21世紀FOXを経て声優としてデビューすることに。デビュー作では、台本をもらっても何をどうしていいかわからず、指示の意味もわからない状況だったとか。そんな中、ある指示の言葉を勘違いしてしまった山口の行動に、堀内と寺島が大爆笑することに! このトークの模様は、9月3日(火)からの配信で!

9月10日(火)より配信の#2では、富山敬との思い出、堀内と共演した『キャッ党忍伝てやんでえ』でのエピソードなどを披露。
9月17日(火)より配信の#3では、お題に沿って3人でイラスト対決!
9月24日(火)より配信の#4では、落語を始めたきっかけや、奥深さについて語ります。ぜひ、お楽しみに!

「声優ケンユウ倶楽部」
【配信日時】毎週火曜 昼12時より配信中!
【番組MC】堀内賢雄、寺島惇太
URL:https://ch.ani.tv/titles/482

堀内賢雄:1957年静岡県生まれ。ケンユウオフィス代表取締役。1983年特撮番組『アンドロメロス』のアンドロウルフ役でデビュー。主な出演作は、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』(マシュマー・セロ)、『鬼平』(長谷川平蔵)、ゲーム『アンジェリーク』(炎の守護聖オスカー)など多数。洋画の吹き替えでは、ブラッド・ピットをはじめ、チャーリー・シーン、ベン・スティラー、ベン・アフレックなどを担当している。

寺島惇太:1988年長野県生まれ。日本工学院専門学校、talkbackを経て、ケンユウオフィス所属。主な出演作に、『KING OF PRISMシリーズ』(一条シン)、『アイドルマスター SideM』(大河タケル)、『ムーミン谷のなかまたち』(ムーミントロール)など。

【「あにてれ」とは?】
テレビ東京が提供する、アニメ見放題の動画配信サービス(月額700円/税抜)。最新アニメはもちろん、懐かしのアニメも見放題のほか、「あにてれ」だけで視聴できるライブ配信やオリジナル番組も多数。さらに、最新アニメニュースがチェックできたり、各種アニメ関連イベントへのご招待や限定グッズのプレゼントもあったり...と、アニメをとことん楽しめます。
無料コンテンツも盛りだくさん! 1カ月間無料トライアルも実施中なので、まずは試してみて!
https://ch.ani.tv/

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧