• #
  • トップ
  • アニメ
  • 親友にずっと言えなかった秘密を初告白! 若手声優・千葉翔也の...

親友にずっと言えなかった秘密を初告白! 若手声優・千葉翔也の少年時代に迫る:声優ケンユウ倶楽部

アニメ

テレ東

2019.9.30

『アイドルマスター SideM』『BANANA FISH』など話題作に出演、近年はアーティストとしても活動する注目の若手声優・千葉翔也が登場! 子役時代の堀内との共演エピソードも!

kenyukurabu_20190930_01.jpg
動画配信サービス「あにてれ」で配信中の、声優界の大御所・堀内賢雄と、愛弟子・寺島惇太がMCを務める「声優ケンユウ倶楽部」(毎週火曜 昼12時~配信)。

今年も、もう10月! オープニングトークで「60歳すぎると、あっという間に日が過ぎていく」と時の流れの早さについて語る堀内ですが、今回のゲストはきっとまだ1日がかなり長いはず! 10月のマンスリーゲストは、番組歴代ゲストの中でも最年少の千葉翔也。声優にとどまらず、アーティストとしても活動している千葉を迎えて、楽しいトークをお届け!

kenyukurabu_20190930_02.jpg
【千葉翔也プロフィール】
2007年に人気ゲーム「ぼくのなつやすみ3」でボクを演じる。主な出演作は「色づく世界の明日から」(葵唯翔)、「アイドルマスター SideM」(秋山隼人)、「ALL OUT!!」(祇園健次)、「どろろ」(多宝丸)、「BANANA FISH」(シン・スウ・リン)など。

子役時代の千葉は「そんな○○ではなかった」!?


収録前、今までになく若いゲストの千葉と話が合うか心配していたところ、スタッフからは寺島が回すから大丈夫、(堀内は)盛り上げ役ですから、と言われたという堀内。「俺の役割は何なんだ(笑)」とぼやく堀内でしたが、寺島に「(この番組の)象徴みたいな感じです」と言われて納得した様子。

kenyukurabu_20190930_03.jpg
千葉と寺島は付き合いが長く、ライブなどでの共演もあり仲がいいそう。一方、堀内は、映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』の吹き替えで、千葉と親子役で共演した経験あり。当時はまだ子役だった千葉を思い出し、堀内が「そんな髪ではなかったよね」とイジると、「日和ってました」と千葉。すかさず寺島が、「こんな子役いたら○○ですよ」と発言し、3人は大爆笑!

さらに千葉は、畠中祐とのイベントに堀内と寺島をゲストとして迎えたり、千葉が主人公の"ボク"を演じたゲーム『ぼくのなつやすみ3-北国篇-小さなボクの大草原』に堀内が出演するなど、何かと縁のある3人。当時の思い出話で盛り上がります。

アーティストとしてドームのステージに!


kenyukurabu_20190930_04.jpg
続いて、千葉が最近取り組んでいる、アーティスト活動の話に。2019年1月にユニット「SparQlew(スパークル)」としてメジャーデビューし、所属レーベルの合同ライブ「Kiramune Music Festival」で先輩たちとメットライフドームのステージに立った千葉。「デカすぎましたね」と、その規模の大きさに圧倒されたそう。「この若さでなかなかできることじゃない」という寺島に、千葉は「人生の前借り感がすごいですよね」と恐縮。

千葉は、アニメ『ALL OUT!!』『月がきれい』のキャストとして、メットライフドームで始球式をしたこともあるそうで、前借りした分「これから恩返ししていかなきゃ」と、この先への意気込みを語ります。

kenyukurabu_20190930_05.jpg
メットライフドームの話題から、堀内はある意外な場所で草野球をしたことがあることを明かします。「趣味で使うのに規模感が......」と千葉もビックリし! 3人は、いつかその場所で、「声優ケンユウ倶楽部」をやりたいと盛り上がります。

お気に入りはマンションとマンションの隙間?


東京生まれ東京育ちの千葉が、少年時代にお気に入りだったのは、近所のマンションとマンションの隙間!? なぜそんなところが好きだったのか、そこで何をしていたのかを明かします。

一方、地方出身の寺島は、田んぼや川沿い、山の洞穴で遊んだ思い出を、堀内は昭和の時代ならでは遊びの仰天エピソードを披露しました。

kenyukurabu_20190930_06.jpg
子供時代は、カードゲームにハマっていたという千葉の話から、当時のゲームやアニメの多くに堀内が出演していたと盛り上がります。千葉が好きなゲーム『スーパーロボット大戦』にも堀内演じる敵キャラがいて、「ずっと倒してました!」と子供のようにテンションが上がる千葉。堀内によると収録にも苦労があったそうで、裏話を聞いた千葉は「もう倒せなくなっちゃう(笑)」と。

続いて、初恋について聞かれた千葉は、「ここだけの話で(笑)」といいつつ、幼稚園の頃に三角関係で気まずかった思い出を初告白。親友に、いまだに言えなかったことを、ここで明かします。さらに小学校高学年の時に初めて自分から好きになった女の子の話も。授業中に隠れて本を読んでいるような、斜に構えたところが好きだったとか。

kenyukurabu_20190930_07.jpg
ルックスよりも、頭が良いなど突出した部分にひかれるという千葉。そこから、寺島が小学生の時にちょっかいをかけていたというバタフライが得意な女の子の話や、堀内が給食であることをしていた女の子のエピソードを明かします。このトークの模様は、「あにてれ」で10月1日(火)から配信!

10月8日(火)より配信の#2では、養成所でのエピソードや、新人時代の失敗談を。
10月15日(火)より配信の#3では、趣味のタロットカードで堀内・寺島の運勢を占います。
10月22日(火)より配信の#4では、大好きな宝塚の魅力、注目している声優などについてトーク。ぜひ、お楽しみに!

「声優ケンユウ倶楽部」
【配信日時】毎週火曜 昼12時より配信中!
【番組MC】堀内賢雄、寺島惇太

堀内賢雄:1957年静岡県生まれ。ケンユウオフィス代表取締役。1983年特撮番組『アンドロメロス』のアンドロウルフ役でデビュー。主な出演作は、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』(マシュマー・セロ)、『鬼平』(長谷川平蔵)、ゲーム『アンジェリーク』(炎の守護聖オスカー)など多数。洋画の吹き替えでは、ブラッド・ピットをはじめ、チャーリー・シーン、ベン・スティラー、ベン・アフレックなどを担当している。

寺島惇太:1988年長野県生まれ。日本工学院専門学校、talkbackを経て、ケンユウオフィス所属。主な出演作は、『KING OF PRISMシリーズ』(一条シン)、『アイドルマスター SideM』(大河タケル)、『ムーミン谷のなかまたち』(ムーミントロール)など。

「あにてれ」とは?】
テレビ東京が提供する、アニメ見放題の動画配信サービス(月額700円/税抜)。最新アニメはもちろん、懐かしのアニメも見放題のほか、「あにてれ」だけで視聴できるライブ配信やオリジナル番組も多数。さらに、最新アニメニュースがチェックできたり、各種アニメ関連イベントへのご招待や限定グッズのプレゼントもあったり...と、アニメをとことん楽しめます。
無料コンテンツも盛りだくさん! 1カ月間無料トライアルも実施中なので、まずは試してみて!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧