• #
  • トップ
  • アニメ
  • 貧乏テレビ局に物言い? 「駐車場代も出ないと思ったので、みん...

貧乏テレビ局に物言い? 「駐車場代も出ないと思ったので、みんなで電車できました(笑)」:テレビ野郎 ナナーナ

アニメ「テレビ野郎 ナナーナ」がシーズン3に突入!

アニメ「テレビ野郎 ナナーナ」がシーズン3に突入。テレビ東京にて4月16日(木)の夜7時53分から放送する。「テレビ野郎 ナナーナ」は、CGアニメクリエイター・文原聡(アニメ「The World of GOLDEN EGGS」、ディズニー「キュービックマウスシリーズ」ほか)が手がけるオリジナルアニメ。熱血ディレクター・七岡役をビビる大木、いつも不安そうなカメラマン・七森を温水洋一、ブツブツ文句が多いAD・七山をつぶやきシローが引続き担当する。 今回のタイトルは、「テレビ野郎 ナナーナ 怪物クラーケンを追え!」。貧乏テレビ局・テレビナナーナの撮影クルーが挑むのは、その姿を見て生き残った者はいないという伝説の大ダコ・クラーケンだ。そこで「テレ東プラス」では、もはや恒例! 収録を終えたばかりの3人を直撃。作品の見どころを聞いた。https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/anime/entry/2020/021546.html

アニメ

テレ東

2020.4.15 テレビ野郎 ナナーナ 怪物クラーケンを追え!

nanana_20200415_01.jpg
アニメ「テレビ野郎 ナナーナ」がシーズン3に突入。テレビ東京にて4月16日(木)の夜7時53分から放送する。「テレビ野郎 ナナーナ」は、CGアニメクリエイター・文原聡(アニメ「The World of GOLDEN EGGS」、ディズニー「キュービックマウスシリーズ」ほか)が手がけるオリジナルアニメ。熱血ディレクター・七岡役をビビる大木、いつも不安そうなカメラマン・七森を温水洋一、ブツブツ文句が多いAD・七山をつぶやきシローが引続き担当する。

今回のタイトルは、「テレビ野郎 ナナーナ 怪物クラーケンを追え!」。貧乏テレビ局・テレビナナーナの撮影クルーが挑むのは、その姿を見て生き残った者はいないという伝説の大ダコ・クラーケンだ。そこで「テレ東プラス」では、もはや恒例! 収録を終えたばかりの3人を直撃。作品の見どころを聞いた。

nanana_20200415_02.jpg

「やることといったら、収録の何日か前から風邪をひかないようにするぐらい(笑)」(大木)


――まずはシーズン3が決まったときの感想は?

大木「シーズン2が好評だったんだな~というホッとした気持ちと、まだ続けられるんだという気持ちで嬉しかったです」

温水「僕も、また2人に会えると思うと嬉しかったですね」

つぶやき「また、これ(ナナーナTシャツ)を着なくちゃいけないんだなって...」

温水「そんなに着るのが嫌なんかい!」

つぶやき「そして、また七山のパペットを手にはめなくちゃいけないんだなって...。これ付けると、ちょっと手に汗かくんだよね(笑)」

――ものまね合戦を披露する回もあると伺いました。

つぶやき「ものまね合戦というか...」

大木「実は毎シーズンやっているんですよ。つぶやきさんが演じる七山にものまねさせるっていうのは」

つぶやき「あれ、ものまねハラスメントだよね」

温水「台本にも書いてあるんですよ。ここで無茶ぶりをしてくださいって(笑)」

つぶやき「だからって、あんなに長くやれとは書いてないからね」

大木「そこは僕と監督のあうんの呼吸というか。監督は多くは語らないんですけど、きっと多めに必要なんだろうな~と思って」

つぶやき「いっぱい撮っても、全部は使わないのに...」

大木「実は僕の中で決めていることがあるんですよ。つぶやきさんが"もういいだろ"と言ったら、次のセリフにいくって」

つぶやき「俺、"もういいだろう"なんて言ってる?」

大木「言ってます、言ってます(笑)」

つぶやき「そうか、全然気づかなかった...(笑)」

――「テレビ野郎 ナナーナ」もシーズン3に突入し、そろそろ声優業も板についてきたのかな?と思いますが...。

大木「まず声優って感覚がないです。この作品に限って言えば」

温水「そうだね」

つぶやき「ナレーションでもないしね」

大木「だから役作りも何もなくて、前日に緊張することもないし。やることといったら、収録の何日か前から風邪をひかないようにするぐらい」

つぶやき「そこはやってるんだ。偉いね!」

大木「やってますよ! でもホントにそれぐらい...。シーズン1ですでに自分のキャラクターが固まっているので、その延長って感じですよね」

つぶやき「現場でも声の仕事って感じはしないよね。スタジオにのど飴ひとつ置いてないから。普通置いてありそうなものなのに...」

大木「せんべいはあったけど」

つぶやき「それ、水分もってかれるヤツだから。あえてマイナスの負荷を与えるのが、ナナーナの現場なんですよ(笑)」

温水「僕も声優と思ってやってないかなぁ。声のドラマだと思っているかも」

「ナナーナは、大木くんとつぶやきくんの持ち味がよく出ている」(温水)


――俳優である温水さんからご覧になった2人のお芝居は?

つぶやき「どうですか? 僕らの芝居」

温水「いやいやホントに面白いですよ。芸人さんとお芝居する機会ってあまりないしね。ナレーションだと滑舌が厳しい現場もあるんですけど、この作品はそこまで厳しくないし」

つぶやき「滑舌の悪さも持ち味ですから」

温水「最初からそうだったよね。大木くんやつぶやきくんの持ち味が本当によく出ていて...。気持ち的にすごく楽にやらせてもらっています」

大木「ミスを採用しているときもありますしね」

つぶやき「ミスしたときはちゃんと撮り直すけど、結果失敗した恥ずかしいほうのヤツを使っているときもあるからね」

大木「それはあります...」

つぶやき「でもそれが、ナナーナの魅力でもあるんだろうね」

nanana_20200415_03.jpg
――今回、七岡ら撮影隊が挑むのは伝説の怪物・クラーケン。ということで舞台は海!

つぶやき「あれ、シーズン1ってどこだったっけ?」

大木「それすら覚えてないんですか?」

温水「最初は珍獣キーナね。舞台は南米だったよ」

つぶやき「それが今回は海。どうしよう...もしシーズン4が決まったら、もう行くとこないじゃん。次は宇宙になるのかな?」

大木「貧乏テレビ局のナナーナじゃ、宇宙は無理だろうね」

つぶやき「そうね、予算がないからね(笑)」

「このスタジオも前よりちょっと電気が暗いんじゃない?」(つぶやき)


――皆さんテレビの世界で長く活躍されていますが、「昔と違って予算が減ったなぁ」と感じる瞬間はありますか?

つぶやき「今回の収録かなぁ。お弁当が出ないなんて、なんて低予算なんだ!って(笑)」

大木「"お昼ご飯を食べてから収録します"って連絡がきたからね」

つぶやき「昼ご飯は食べてきてね。夜ご飯までに終わらせるからってね」

大木「それぐらい予算を削ってシーズン3に挑んでいます(笑)」

つぶやき「このスタジオも前よりちょっと電気が暗いんじゃない?」

温水「いやいや、今回は広くて今まで一番いいスタジオですよ(笑) 。実は今日、車で来ようかな~と思ったんですけど、駐車場代も出なそうだったので電車できました」

つぶやき「みんなで歩いて帰りましょう」

大木「そうですね。全員歩きできましたからね(笑)」

つぶやき「でも、低予算でもいいからナナーナは続けていきたい番組だよね。面白いから」

大木「とにかく見てもらわないとシーズン4には続きませんから。僕たちにとっても勝負です!」

――それでは最後に、ファンの方たちにメッセージをお願いします。

つぶやき「まぁ、これといって特に...」

温水「ないんかい!」

つぶやき「とりあえず、僕が不祥事を起こしてオンエア休止にならないよう気を付けます」

温水「いやホント、不祥事を起こさないように気を付けてくださいよ(笑)」

大木「某大物ゲストが登場するのも見どころのひとつ。皆さんぜひ、楽しみにしていてください」

nanana_20200415_04.jpg
(撮影・文/今泉)

【あらすじ(シーズン3)】
貧乏テレビ局「テレビナナーナ」は、少ない制作費を知恵と体力とチームワークでカバーしながら、日々ライバル局との競争に明け暮れていた。しかし、若者のテレビ離れ、広告収入の激減、さらに独自路線の番組作りも飽きられてしまい、いまだかつてない苦境に立たされてしまった。

そこで、起死回生の高視聴率番組を制作しようと、探検部のディレクター・七岡、カメラマン・七森、AD・七山の3人は伝説の怪物・クラーケンの撮影に挑むことになった。向かうは、魔の海域・バナーナ・トライアングル!3人は禁漁中のイカ釣り漁船をチャーターし、さっそく大海原へと出港した。魔の海域で彼らを待ち構えていたのは、凶暴なサメ、巨大なクジラ、恐ろしい海賊船!さらに、命からがら漂着した絶海の孤島では、奇怪なキャラクターたちが次々と出現する。

シーズン3を迎え、ますます炸裂する文原ワールド。攻めすぎてハラハラするパロディ。どんどんグダグダになるコメディ。今度こそワクワクするアドベンチャー!果たして3人は怪物クラーケンを撮影し、過酷な探検から無事に戻ってくることができるのか?!

番組名:「テレビ野郎 ナナーナ 怪物クラーケンを追え!」
放送日時:2020年4月16日(木)スタート 毎週木曜夜7時53分~7時58分
※初回は時間変更の可能性あり
出演(声):ビビる大木 温水洋一 つぶやきシローほか
脚本・監督:文原聡
アニメーション:studio crocodile
プロデューサー:小林史憲(テレビ東京)、西國晃
制作:テレビ東京/studiocrocodile
制作協力:33コレクティブ
原作:studio crocodile・テレビ東京
製作著作:「テレビ野郎ナナーナ」製作委員会

・中国(愛奇芸、youku、bilibili)、アメリカ(クランチロール)、台湾(KKTV、バハムート)で、
4月16日~日本と同時配信。
・アプリゲーム「爆走!テレビ野郎ナナーナ」(スクウェア・エニックス)も絶賛配信中。
・6月30日まで、ソラシドエアの機内で、オリジナルアニメ動画を配信中。
※以下の公式YouTubeでも見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=6_cfQLeW_sg
https://www.youtube.com/watch?v=wrYJtFRUqmg

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

テレビ野郎 ナナーナ 怪物クラーケンを追え!

テレビ野郎 ナナーナ 怪物クラーケンを追え!

貧乏テレビ局「テレビナナーナ」は、若者のテレビ離れ、広告収入の激減、さらに独自路線の番組作りも飽きられてしまい、いまだかつてない苦境に立たされてしまった。そこで、起死回生の高視聴率番組を制作しようと、伝説の怪物・クラーケンの撮影に挑むことになった。

放送日時:テレビ東京系列 4月16日(木) 放送スタート!

出演者

ビビる大木、温水洋一、つぶやきシロー、ほか

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧