• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 料理が激ウマになる絶品「塩」ビジネスが拡大中!:カンブリア宮...

料理が激ウマになる絶品「塩」ビジネスが拡大中!:カンブリア宮殿

ビジネス

テレ東

2017.11.8 カンブリア宮殿

カンブリア宮殿【急拡大!料理が激ウマになる絶品塩ビジネス!】
放送日時:2017年11月9日(木)22:00~22:54


ふりかけるだけでトマトが驚くほど甘くなる!?昨今の塩ブームを支えてきた日本初の塩の専門店「塩屋(まーすやー)」の食卓に革命を起こす塩ビジネスに迫る!



日々の食卓が激変!素材の旨みを引き出す塩の専門店


cambria_1108_01.jpg


昨今の塩ブームを支えてきたのが、全国に7店舗展開する日本初の塩の専門店「塩屋(まーすやー)」。ペルーの岩塩やウユニ塩湖の塩など、世界中から厳選した360種類の絶品塩が並ぶ中、得に人気を集めるのが、沖縄・宮古島の「雪塩」だ。粉雪のようにサラサラで、独特の甘みを持った雪塩は、「雪塩ちんすこう」や「雪塩カルピス」など、菓子や飲料メーカーとのコラボ商品に引っ張りだこ。

雪塩を17年前に開発した西里は、自分の塩を売るだけでなく「もっと塩の楽しみ方を伝えれば市場が広がるのでは」と、ライバルともいえる他の塩を集めて専門店を開いたのだ。各地で手間暇かけて作られる塩は、土地や製法によって含まれるミネラル成分のバランスが違う。西里は、特徴の異なる各地の塩を徹底的に研究し、その塩を相性のいい食材に使うことで、料理の味を格段に美味しくできることを見つけ出したのだ。


単に塩を売るのではなく、塩と食材の相性を徹底的に研究し、それを客に伝えることで、塩屋を大繁盛店に磨き上げたのだ。ふりかけるだけでトマトが驚くほど甘くなる塩から、脂の乗ったサンマの旨みを引き出す塩まで、食卓に革命を起こす塩ビジネスに迫る!



「自分たちの島を守りたい!」どん底親子が辿り着いた奇跡の塩


人口が減り続けていた沖縄の宮古島で生まれた西里。幼少の頃から父に「なにか島を盛り上げる仕事に就け」と言われて育った。西里は、サトウキビしかない貧しい島を観光客でいっぱいにしたいと、27歳の時、観光農園を開業。しかし、2年で3000万円の借金を抱えてしまう。一方、西里の父親も、島に新たな産業を生み出そうとベンチャーを立ち上げた。だが、その事業も資金が底をつき挫折してしまう。


cambria_1108_02.jpg


そんなどん底の親子が最後の望みをかけて挑んだのが、当時、国による塩の専売が自由化されたことで、各地で始まっていた塩づくり。西里親子が、宮古島特有の地下海水から作った雪のようにサラサラした「雪塩」は、18種類のミネラルを含む。そして、この雪塩で西里親子は、ギネス記録に認定される奇跡を起こした。若者離れが深刻だった宮古島を、希望の島へと一変させた親子の格闘の歴史を追う!



島の産品×塩!100%、宮古のためのスーパー


宮古島中の農家が毎朝野菜やフルーツを出荷している直売所がある。それが「島の駅みやこ」。ここで売っている産品のほとんどは、宮古島産。島外から仕入れる商品がほとんどを占める大手資本のスーパーに対抗し、島の物を消費しようと、西里が4年前にオープンさせた。


cambria_1108_03.jpg


さらに西里は、「雪塩もずく」や「雪塩ピクルス」など、雪塩を使って島の宝の付加価値を上げる商品開発にも力を入れている。そんな島民のために作ったスーパーには観光客も押し寄せるようになり、今年、那覇に2号店を開店するまでになった。宮古島の魅力を島外に発信する西里の次なる塩戦略とは?


出演者
【ゲスト】パラダイスプラン社長 西里長治
【メインインタビュアー】村上龍
【サブインタビュアー】小池栄子


【ホームページ】https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/
【公式Facebook】http://www.facebook.com/cambrian.palace
【公式Twitter】https://twitter.com/cambrian_palace

関連タグ

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧