• #

お茶とコーヒーの絶妙な融合!京都発の新しい飲み物:WBS

ビジネス

テレ東

2018.2.27

ホッと一息つきたいとき、温かいお茶やコーヒーを飲む習慣がある人も多いのでは? 共にカフェインが含まれているので、ちょっと眠気覚ましに飲んで「あと一息がんばろう!」と思えるのもお茶とコーヒーのいいところだ。

そんな共通点を持つ2つの飲み物がブレンドしたら...!?


toretama_0227_01.jpg


その名も「京茶珈琲」(エーゲル)。
宇治茶とコーヒーをブレンドした新しい飲み物が誕生した。
お茶でもありコーヒーでもあるというこの飲み物、一体どんな味がするのだろうか?
鼻に抜ける感じはコーヒーで、後味は煎茶という不思議な味に仕上がっているのだそう。


toretama_0227_02.jpg


京都・西陣にあるコーヒーの焙煎職人が、宇治産の茶葉に合うコーヒー豆を選んで作ったという。この配合の比率は企業秘密。


では、どうして京都でコーヒーなのか?
京都のイメージからは意外かもしれないが、実はコーヒーの購入量は日本一。全国都道府県庁所在地の中で、一世帯あたりのコーヒー購入量が最も多いのが京都市なのだ。


toretama_0227_03.jpg


そして来月から、この飲み物を期間限定で提供するのが千葉県・成田市にある「ホテル日航成田」。
成田空港のすぐ近くにあるということもあり、多くの外国人観光客が宿泊している。


販売元である「エーゲル」の幸はるかさんは「ぜひ海外の方にも、京都の新しい飲み物、新しいコーヒーとして広まっていけばいいなと思います」と語る。


お茶とコーヒーのいいとこ取りのこの新しい飲み物。
リラックスタイムのお供に、ぜひお試しあれ。


【商品名】
京茶珈琲


【商品の特徴】
コーヒーと京都産の宇治茶をブレンドした新しい飲み物


【企業名】
株式会社エーゲル

【住所】
京都市右京区太秦多藪町43

【発売日】

3~4月発売

※期間限定!「ホテル日航成田」本館1階"コーヒーラウンジ"(千葉県成田市取香500)にて、ショートサイズ500円、トールサイズ600円(税金・サービス料込)で"京茶珈琲"を提供(31日~4月30日まで)。


※その他、先週の「WBS」"トレンドたまご"では、以下のトレンドを紹介!


●世界初!雑談する"AIロボット"
2体のロボットが雑談しながら知識を伝えてくれるAIロボット。


●ボタンひとつでできる"たこ焼きロボット"
油をひくところから、焼き・盛り付けまで! 全自動でたこ焼きを作るロボット。


●うきわで心臓マッサージの学習ができる"Dock-kun"
空気ポンプ入りのうきわで、目に見える形で心臓マッサージの学習ができる教材。


●2人で着る観戦用コート"シェアコート"
スポーツ観戦時などに、カップルや親子で着られる2人用のコート。


詳しくは「ビジネスオンデマンド」へ!
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧