• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 「いきなりステーキ×幸楽苑」異色のコラボ展開!:ガイアの夜明...

「いきなりステーキ×幸楽苑」異色のコラボ展開!:ガイアの夜明け

ビジネス

テレ東

2018.3.20 ガイアの夜明け

gaia_20180320_thm.png


現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」。3月20日(火)の放送は「いきなりステーキ」など、注目を集める外食産業の最前線をレポート。意外なコラボや新商品開発をはじめとする"仕掛け"の舞台裏を明らかにする。


ラーメン店からステーキ店へ! 異色のコラボで店舗数を拡大


消費者の心をつかむためにあの手この手の新戦略を繰り出している外食産業。競合店との激戦をくぐり抜けるには、品質や価格だけではない"全方位"の新しいチャレンジが不可欠だ。

2013年創業の「いきなりステーキ」は、立ち食いスタイルや肉の量り売りで消費者の人気を獲得。ペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長(74歳)は、今年の目標として「1年間で200店の出店」をぶち上げた。これまでの勢いをさらに加速させようという狙いだ。


gaia_20180320_1.png.jpg



出店攻勢の裏にあるのは、フランチャイズ制を取り入れた新戦略。「いきなりステーキ」へのフランチャイズ参入を希望する企業は後を絶たない。そこに意外な企業が参入を決めた。日本最大のラーメンチェーン「幸楽苑」だ。かつて290円の格安ラーメンを武器に外食業界を席巻したが、数年前から売り上げが低迷。創業者の長男で副社長の新井田昇さんは、この窮地を脱するためにフランチャイズ参入を決断した。


gaia_20180320_2.png.jpg.png


外食産業で勝ち組となっている「いきなりステーキ」と苦境に立つ「幸楽苑」という異色コラボ。その先陣を切る「幸楽苑」厚木田村店はラーメン店からステーキ店へと生まれ変わるために、店長・佐藤しずえさん(36歳)をはじめとする従業員たちが新しいオペレーションの修得に必死に取り組んでいた。


gaia_20180320_3.png.jpg.png.jpg


女性客を取り込むギョーザ新メニュー開発の裏側


サラリーマンを中心に人気を集める「磯丸水産」も「いきなりステーキ」と同様に店舗数を急拡大。24時間営業、浜焼きスタイルなど、独自の魅力で集客力を高めて、2009年の初出店から現在までに150以上の店舗を全国に展開している。

その「磯丸水産」の生みの親で、グループの大黒柱にまで育て上げたSFPホールディングス社長の佐藤誠さん(54歳)は、新たなチャレンジとして「餃子居酒屋 いち五郎」という新業態をスタートさせた。狙いは女性客の取り込み。女性の間で広がるギョーザ人気に乗ろうというのだ。しかし実際に始めると、肝心の女性客の数がなかなか増えずに大苦戦。そこで"インスタ映え"する斬新な新メニューを開発しようという。


gaia_20180320_4.png.jpg.png.jpg.png



一時の成功に安堵することなく新しいアイデアを探し求める外食産業の人々を追いかけた「ガイアの夜明け」は、今夜10時から放送。どうぞお見逃しなく!

詳しくは「ビジネスオンデマンド」へ!
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。江口洋介がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系 毎週火曜10:00~10:54

出演者

案内人/江口洋介、ナレーター/杉本哲太

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧