• #
  • トップ
  • ビジネス
  • ポイントカードを電子化! スマホ画面に押すスタンプ:WBS

ポイントカードを電子化! スマホ画面に押すスタンプ:WBS

ビジネス

テレ東

2018.3.20 ワールドビジネスサテライト

クレジットカードや病院の診察券...いろいろなお店のポイントカードなどでお財布がパンパン! いざ取り出す段階になると、「あのポイントカードはどこだっけ!?」という経験もよくあるのではないだろうか。


頻繁に使うカードだけお財布に入れてあとは別で保管していると、たまに「使いたい!」と思ったときに持ち歩いていないなんてことも起きがち。


そこで、そんな"お財布パンパン"問題が解決するかもしれない夢の商品が登場した。


toretama_20180320_01.jpg


それがこちらのスタンプ。
ただ手に押してみても何もつかない...。どうやらインクがついているわけではないようだ。
一緒に使うのはスマホアプリということだが、一体どうやって使うのだろうか?


toretama_20180320_02.jpg


「凸版印刷セキュアビジネスセンター」の沼田雅之さんがスタンプをスマホの画面にポンと押すと、なんと画面上でポイントがつく。ポイントを貯めれば、もちろんクーポンももらえるという。クーポンを店員に見せてスタンプを押してもらえば、USEDのマークが入り使用済みとなる。


toretama_20180320_03.jpg


アプリでいくつものお店のカードを一括管理できるので、お店ごとにカードを持つ必要がなくなるのだ! そしてこちらのスタンプ、なんと電池やバッテリーも不要。一体どのような仕組みでスマホに反応しているのかというと...。


toretama_20180320_04.jpg


人の静電気を流してその静電気の流れるタッチポイントをパターンとして識別し、どの店で押されたものか認証しているという。


スマホは人の静電気を利用してどこを触っているかを識別している。このスタンプでもその技術を応用し、人の静電気をスタンプに伝えることでスマホに印をつけていたのだ。


toretama_20180320_05.jpg


さらにはスタンプごとに静電気が流れる位置を変えることができるので、判子のようにお店ごとに一つ一つ違った識別ができるという利点も。この技術で数百万通りものスタンプが作れるという。
通信環境もお客側のスマホを利用するので、店側はスタンプを用意する以外、新たな設備投資もいらないのである。


「今後、商品券や回数券などの機能を増やし、一つのスタンプで複数の機能が利用できるような形の展開を考えています」と沼田さん。


ポイントカードを持たなくてよくなるのはもちろん、例えば野外で行われる音楽フェスティバルのようなイベントや海でのイベントなど、現金を持って行きづらいような場合にもこのスタンプが活用しそう。店側がスタンプさえ用意すれば、スマホにポンと押すだけで済むので、いろんなシーンでの導入が期待できる。


まずはお財布を軽くするためにも、多くの店舗に普及することを願いたい。


【商品名】
マルチスタンプ


【商品の特徴】
スマホアプリと連動し、スマホ画面に押すとポイントがつくスタンプ


【企業名】
凸版印刷株式会社


【住所】
東京都台東区台東1-5-1


【発売日】
6月下旬サービス開始予定


※その他、先週の「WBS」"トレンドたまご"では、以下のトレンドを紹介!


●ラクにカメラを持てる "サクラ カメラ スリング"
肩にかけて持つことで重たいカメラが軽くなるオシャレなストラップ


●スマホを我慢させる付箋"スマホシマ箋"
"ながらスマホ"を防止するためにメッセージを書いた付箋をスマホに貼る


●レジのイライラを解消"電子透かし"
レジでの読み込みがラクに早くなるバーコード


●雨にも負けない!"耐水ポスター合成紙(マット)糊付き"
水に溶けにくく紫外線に強い素材で作ったポスター用紙


詳しくは「ビジネスオンデマンド」へ!
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/

関連タグ

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ワールドビジネスサテライト

ワールドビジネスサテライト

ビジネスや生活に役立つ「自分につながる」経済ニュース番組。ヒット商品を先取りした「トレンドたまご」、経済の最新情報を伝えるコーナーなど。

放送日時:テレビ東京系 毎週月曜日~金曜日 夜11時~

出演者

大江麻理子、大浜平太郎、相内優香、北村まあさ、片渕茜

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧