• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 6人同時に!心臓の画期的な"優しい治療法":カンブリア宮殿

6人同時に!心臓の画期的な”優しい治療法”:カンブリア宮殿

ビジネス

テレ東

2018.3.22 カンブリア宮殿

canburia_20180322_thm.png

日本の経済を支える経営者や政財界人などをスタジオに招き、村上龍、小池栄子と濃密な会話を繰り広げる「カンブリア宮殿」(毎週木曜夜10時~)。3月22日(木)の放送は拡大版「最新医療スペシャル」と題して最先端治療の現場をレポート。スタジオには、ドライアイの研究でも有名な〝眼科医療のカリスマ〟慶應義塾大学医学部教授の坪田一男医師と、〝心臓血管分野のエキスパート〟千葉西総合病院の三角和雄院長を招いてトークを展開する。


初診の当日に心臓カテーテル治療!

canburia_20180322_1.png
人生100年時代とも言われる日本の高齢化社会。充実した生き方、働き方を続けていけるかどうかは、健康状態に大きく左右されるのも事実だ。長寿のためにも、また充実感のある生活のためにも、拠り所となるのは医療だが、その現場では"イノベーター"とも呼ぶべき医師たちの手によって、革新的な治療法が確立されようとしている。

千葉西総合病院の三角院長は、心臓血管の分野で25年もの間トップを走ってきたエキスパート。「心臓は待ってくれない」という三角の信念のもと、予約なしの飛び込みの患者であってもその日のうちに必ず診察。さらに緊急性があると判断すれば、初診当日に心臓カテーテル治療まで行なう。

canburia_20180322_2.png

同病院での心臓カテーテル治療は年間およそ3000例。8年連続日本一というこの治療数を支えているのは、三角院長が自ら設計した「カテーテルスタジオ」だ。最大で6人の患者を同時に治療できるという、この最新設備を使った"同時6元カテーテル治療"。緊迫の同時手術の様子を番組内で公開する。


老眼・ドライアイ・近視を解決する眼科革命!

canburia_20180322_3.png

慶應義塾大学医学部教授の坪田医師は、30年前から「ドライアイ」の症状や治療法を世に広め、この分野では第一人者として知られている。そんな坪田医師が取り組む近視予防のプロジェクトを密着取材。日本の近視人口は4000万人以上と言われ、今も年々増える傾向にある。番組では、坪田医師の研究チームが独自に開発した「近視予防のためのライト」「老眼に対処する第3の選択肢」など、最新の研究をベースにした成果を伝える。

camburia_20180322_5.png

また、角膜移植の専門医としての経歴も持つ坪田医師は、アメリカからの角膜の輸入や移植コーディネーターなど、日本初の様々なシステム整備にも尽力。患者やドナーの気持ちをよく知る坪田医師が、日本の角膜移植手術について提言する。

高齢化社会を生きる私たちの健康を支える医師たち。彼らのひたむきな努力が生み出した、最先端の治療法と技術とは? 今夜10時からの「カンブリア宮殿」をどうぞお見逃しなく。

【見逃した方はビジネスオンデマンドでチェック!】
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

未来の進化を担って、 今、多種多様な人物が次々と誕生している・・・ そんな"平成カンブリア紀の経済人"を迎える、 大人のためのトーク・ライブ・ショー。

放送日時:毎週木曜 夜10時~

出演者

メインインタビュアー:村上龍  サブインタビュアー:小池栄子

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧