• #
  • トップ
  • ビジネス
  • "蒲鉾と言えば小田原"という評判を打ち立てた老舗「鈴廣」の強...

“蒲鉾と言えば小田原”という評判を打ち立てた老舗「鈴廣」の強さの秘密に迫る!!:カンブリア宮殿

ビジネス

テレ東

2018.4.26 カンブリア宮殿

kanburia_20180426_01.JPG


「蒲鉾と言えば小田原」という評判を打ち立てた老舗「鈴廣」の強さの秘密とは?▽職人技&先端研究が生み出す絶品蒲鉾▽蒲鉾の価値を上げる挑戦..."鈴廣三代"格闘史


「蒲鉾と言えば小田原」という評判を打ち立てた、創業150年の「鈴廣」。
その商品はすり身魚ランキングで第一位に輝き、本店には年間100万人が訪れる。蒲鉾の消費量がこの40年で5分の1に減少する中、鈴廣の年商は同期間で実に5倍にまで伸びた。小田原という土地と、蒲鉾にこだわり続ける鈴廣、その強さの秘密に迫る。



職人技&先端研究が生み出す絶品蒲鉾


kanburia_20180426_02.JPG


小田原駅から車で10分という立地、風祭に、連日観光バスが100台停まる人気の施設が。小田原蒲鉾の名店「鈴廣」本店だ。ここは、蒲鉾の食べ比べができるコーナーや、魚カツサンドにチーズといちじくが入った蒲鉾など、変わりダネが買え、さらに蒲鉾作りの体験ができる「かまぼこ博物館」もあり、まるで"蒲鉾のテーマパーク"。


そして誰もが「蒲鉾ってこんなに美味しいんだ」と口にする。客の"蒲鉾感"を一変させる理由は、計算され尽くした蒲鉾作り。かまぼこに最適な魚・グチとオキギスを丁寧にすりつぶし、カルシウムやマグネシウムを豊富に含んだ箱根の名水にさらすことで、絶妙のぷりぷり食感を生み出していく。


その技術を支えるのは、国家資格を持つ職人(水産練り製品製造技能士...13人もいるのは鈴廣だけ)とその職人技を科学的に研究する「魚肉たんぱく研究所」だ。150年積みあげてきた老舗の伝統技を武器に、他に真似できないかまぼこを作る鈴廣。その強さの秘密とは?



蒲鉾の価値を上げる挑戦... "鈴廣三代"格闘史


kanburia_20180426_03.JPG


鈴廣の創業は江戸時代の末期、慶応元年(1865年)。豊富な魚資源に恵まれる相模湾の近くで誕生した。明治に入り現会長智恵子の父・7代目鈴木廣吉が屋号を「鈴廣」にする。戦後、壊滅的な被害を受けた小田原蒲鉾復興のため、廣吉は同業者で勉強会を開いたり、蒲鉾に適した魚を全国に探し求め新しいかまぼこ作りにも挑戦した。


そして8代目を継いだ昭三と智恵子夫婦は、そんな父・廣吉を越える革新に挑む。廣吉の猛反対を押し切って、店を現在の小田原郊外に移転。ドライブインのような土産物屋を展開する一方、職人たちの技術を工業化することに挑み、鈴廣を100億円企業にまで成長させる。


その後、現社長・博晶が取り組む蒲鉾の科学的研究をはじめ、消費が激減する蒲鉾業界で「老舗にあって老舗にあらず」の精神で、鈴廣は蒲鉾の進化に挑み続け、生き残ってきたのだ。


小田原の発展こそ鈴廣の発展


kanburia_20180426_04.JPG


小田原蒲鉾のトップに君臨する鈴廣だが、自社で技術を囲い込むことなく毎月のように地域の同業者と勉強会を開きベテラン職人が若手に蒲鉾作りの技術を伝承している。さらに今や小田原では有名になった「蒲鉾さくら祭り」を長年同業者と開催。会長自ら先陣を切って盛り上げてきた。廣吉以来、地域にこだわり続ける鈴廣の思いとは?

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

放送日時:テレビ東京系列 4月26日(木) 夜10時

出演者

【ゲスト】鈴廣かまぼこ 社長 鈴木博晶【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧