• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 東京の新名所「ミッドタウン日比谷」開業の舞台裏:ガイアの夜明...

ビジネス

テレ東

2018.5.8

東京の新名所「ミッドタウン日比谷」開業の舞台裏:ガイアの夜明け

gaia_20180508_01.jpg


現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」。5月8日(火)の放送では、「東京ミッドタウン日比谷」開業の裏側をドキュメント。都心の"新名所"を舞台に新たな挑戦を始める企業を追う。



目黒の小さなレストランが退路を断って出店


今年3月にオープンした東京ミッドタウン日比谷は、不動産業界の最大手・三井不動産が手がけた複合施設。番組では半年間に渡ってこの一大プロジェクトを密着取材した。


日比谷は公園や劇場などはあるものの、ふらっと遊びに来たり買い物をするような場所ではなかった。三井不動産は日比谷の開発にあたり、六本木で手がけた「東京ミッドタウン」で培ったノウハウを活かそうと意気込んでいた。


gaiahannba.PNG

成功のために必要となるのは、東京各地に生まれている"新名所"との差別化。中でも魅力的な飲食店をそろえられるかどうかが大きなカギとなる。飲食店の誘致を取り仕切る三井不動産の村田麻未さんは、アメリカ、フランス、スペインなど6ヵ国を回って、日本初出店となるレストランを誘致。その一方で、日本国内にも狙いの店があった。目黒にあるカジュアルフレンチ「モルソー」。全18席の小さな店舗だが、村田さんは2年前から目をつけ、半年かけて口説き落とすことに成功。キャビンアテンダントから転身したオーナーシェフ・秋元さくらさんは目黒の店を引き払い、退路を断って日比谷への入店を決める。

gaiashixehu.PNG


本屋の中に...アパレル・居酒屋が!?創業109年 老舗書店の一大決心

神奈川、東京、千葉で36店舗を展開する書店「有隣堂」も、勝負をかけて「東京ミッドタウン日比谷」への出店を決めた。ネット通販や電子書籍に押される書店業界。同社の本の販売事業は3期連続の赤字。大きな変革を迫られている「有隣堂」に対し、三井不動産は「東京ミッドタウン日比谷」の中でも一等地と言える場所、エスカレーターを上がってすぐの237坪もの広大な売り場を用意した。さらに「客を呼ぶ店の仕掛け人」として凄腕のクリエイティブディレクター・南貴之さんを紹介する。


その手腕を業界で高く評価されている南さんは、書店だけでなくアパレルショップや居酒屋、理容室など多彩な店を1カ所に集めた「ヒビヤ セントラル マーケット」という斬新な構想を有隣堂に提案。専務の松信健太郎さんは、悩み抜いた末「三井不動産と南さんと心中する」と決意。開業まで1ヵ月半を切って、工期も予算も予想外にオーバーする状況の中、オープン初日を目指して突っ走る。

人の流れを一変させる注目スポットとなった「東京ミッドタウン日比谷」。その開業の裏側にある企業やテナントの"情熱"をカメラで捉えた「ガイアの夜明け」は、今夜10時から放送。どうぞお見逃しなく!

過去の放送を見るなら「ビジネスオンデマンド」へ!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。江口洋介がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 5月8日(火) 夜10時

出演者

【案内人】江口洋介【ナレーター】杉本哲太

カテゴリ一覧