• #
  • トップ
  • ビジネス
  • "フォースウェーブコーヒー"の気になる正体:ガイアの夜明け

ビジネス

テレ東

2018.5.15

“フォースウェーブコーヒー”の気になる正体:ガイアの夜明け

gaia_otona.png

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」。5月15日(火)の放送では、コーヒー市場をめぐる激しい競争の舞台裏に密着。スターバックスの商品開発現場や"幻のコーヒー"など、コーヒーをめぐる企業の知られざる戦略をレポートする。

スタバに忍び寄る"危機"「大人フラペチーノ」開発のワケ

gaiawain.PNG

日本のコーヒー市場を牽引しているスターバックス。スタバが大きな存在感を示し続ける一方で、ここ数年はコンビニ各社が淹れたてのコーヒーを安価で提供しており、スタバなどの専門店と客の争奪戦が繰り広げられている。スタバの人気商品は、コーヒーやミルクに氷を混ぜ合わせたフラペチーノ。多彩なフレーバーやゴージャスな見た目はコンビニコーヒーにはない魅力で、若い世代から絶大な支持を得ている。一方で、40代以上の"大人世代"は、フラペチーノを口にする機会が激減しているのだという。そこでスタバは、フラペチーノを敬遠するようになった客層を再び呼び込むため、新商品として"大人フラペチーノ"開発に着手。そのスタバの開発現場に初めてカメラが入った。

gaia_20180515_3.PNG

東京・目黒のスターバックスコーヒージャパン本社では、新商品の開発を任された東治輝さん(35歳)が、斬新なスパイスを使用した試作品などを模索。さらに東さんは、カフェの本場、イタリアを訪れて新商品のヒントを探し回り、エスプレッソを使った「カフェシェケラート」というドリンクや、濃厚な生クリームに目をつける。

gaia_20180515_4.PNG

帰国後、イタリアで見つけたヒントをベースにした新商品のサンプルが完成。同社幹部からも一旦はゴーサインが出た。しかしその直後、店舗でのオペレーションで問題点が発覚する。このハードルを発売日までにクリアするべく、東さんは北海道へ向かう。

幻のコーヒー"パナマのゲイシャ"で新市場を開拓

gaia_20180515_5.PNG

近年は、コーヒー豆の産地や農園、品種などにこだわった"サードウェーブ"と呼ばれるカフェも台頭してきている。千葉県流山市の「スクロップ・コーヒーロースターズ」もその一つ。店頭には産地の異なる豆がいくつも置いてあり、そのすべての豆を自社工場で焙煎している。スクロップのクオリティを支えているのが、中嶋太郎さん(39歳)。国際的な資格を持つコーヒーのエキスパートで、年間200種類以上のコーヒーを鑑定。豆の買い付けから焙煎まで、すべての管理を中嶋さんが任されているのだ。

1月下旬、スクロップの運営会社「マルハンダイニング」で、あるプロジェクトがスタートした。"幻のコーヒー"とも呼ばれる高品質のコーヒー「パナマのゲイシャ」の販売にチャレンジしようというのだ。「高品質なコーヒーを自宅で飲む人が増加していくのでは」と予測する中嶋さんは、"パナマのゲイシャ"で新たな市場の開拓を狙っている。"サードウェーブ"に続く新たなコーヒーブームの波"フォースウェーブ"を見据えたプロジェクトだ。

gaia_geisha.PNG

"パナマのゲイシャ"の豆は希少種であるがゆえに、調達量と価格設定という課題は避けて通れない。どれだけ調達できるのか、どれだけ価格を抑えられるのか。中嶋さんからの依頼を受けて、豆の買い付けを専門とする会社がパナマへと飛び、農園での交渉を開始。しかしそこでは既にヨーロッパやアジア各国による争奪戦が繰り広げられていた。一方、日本では"パナマのゲイシャ"豆のサンプルを手に入れた中嶋さんが新商品の開発をスタート。味のクオリティと価格設定のせめぎ合いの果てに、2つの「新しい味」を生み出す。

カフェやコンビニコーヒー、喫茶店など私たちの生活の中に溶け込んでいるコーヒー文化。その"新潮流"に挑むため世界各地を飛び回る人々の挑戦を追いかけた「ガイアの夜明け」は、今夜10時から放送。どうぞお見逃しなく!

過去の放送回を見るなら「ビジネスオンデマンド」へ! https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/ 

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。江口洋介がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 5月15日(火) 夜10時

出演者

【案内人】江口洋介【ナレーター】杉本哲太

カテゴリ一覧