• #

“予想するAI”で世界を変えろ!2020年に完全自動運転を目指すベンチャー:WBS

ビジネス

テレ東

2018.5.17 ワールドビジネスサテライト

wbs_20180517_thum.jpg


「ワールドビジネスサテライト」 (毎週月曜~金曜 夜11時)で、新企画「イノベンチャーズ列伝」がスタート! 社会にイノベーションを生み出そうとするベンチャー企業に焦点をあてる。


そこで今回は、気になる第3回の放送をピックアップ。


世界の自動車メーカーやIT大手の間で開発競争が繰り広げられている「自動運転」の技術。特に、運転者を必要としない「完全自動運転」の実現に向け、巨大企業同士がしのぎを削っている。そんな中で「一歩先を行く技術」を持つといわれるベンチャー企業が、実は日本にある。東京・渋谷区に開発拠点を構える、アセントロボティクスだ。


wbs_20180517_01.jpg

※ 東京・渋谷区のアセントロボティクス本社。様々な機器と技術者がひしめく


創業者は2人。カナダ出身のAI(人工知能)の専門家、フレッド・アルメイダ氏と、石﨑雅之CEOだ。石﨑氏は、アセントの自動運転技術の独自性について「ぶつからないよう止まるだけではなく、"この先に何が起きるか"を判断できる」と説明する。世界で開発されている自動運転技術は、一般的に「子供が飛び出す」など異常事態が発生してから反応し、車を止めようとする。だがアセントの技術では、例えばボールが転がってきたら、子どもの飛び出しなど何らかの危険を"予想"して早めに対処できるという。それを可能にするのは、AIによる膨大な"学習"だ。


wbs_20180517_02.jpg

※ 共同創業者のアルメイダ氏(左)と石﨑氏(右)


彼らの開発に使うシステムを見せてもらうと、机にはハンドル、画面には架空の道路と街並みのCG...一見、ドライブゲームにしか思えない。さっそく、WBSの相内優香キャスターが体験。運転経験ゼロの相内キャスターが仮想空間の中で車を走らせると、いきなり真正面からの夕日で前が見えない。続いて、複数の歩行者が車道を横切って渡ろうとする。「人ひいちゃう、人ひいちゃう、あっ!」。肩を落とす相内キャスターを、横で見ていた石﨑CEOは「(AIにとっては)ああしてはいけない、と参考になった」と慰める。実はこのシステムでは、 AIが 様々な「危険」を仮想空間に作り出し、そこをAIや人間が運転して事故を起こすことで、自動運転に必要な"経験"を積み重ねている。つまりAIが作り出した環境で、AIが学ぶという構図だ。


wbs_20180517_03.jpg

※ 相内キャスターが挑戦。


wbs_20180517_04.jpg

※夕日で前が見えなかったり...


wbs_20180517_05.jpg

人が次々と横切ったりと、様々な「危険」が襲いかかる!


そんな独自の技術で、どこよりも早く完全自動運転を実現しようとする、アセントロボティクス。起業のきっかけは2年前。石﨑氏が大手コンサルティング企業、デロイトトーマツコンサルティングの執行役員だった頃のことだ。


wbs_20180517_06_syusei.jpg


wbs_20180517_07.jpg


こうして石﨑氏とアルメイダ氏は2016年9月にアセントを創業。その開発陣は、いわば「ワールドチーム」だ。アメリカ、フィンランド、ベネズエラ、イタリアなど、世界11ヵ国から30人の外国人技術者が集結した。


wbs_20180517_08.jpg

※ 世界11カ国から30人、様々な分野の専門家が集結。日本人社員より多い


さらに社内にはこんな"有名人"もいた。元ソニー・コンピュータエンタテインメント社長、久夛良木健氏。あの「プレイステーション」を送り出し、世界でヒットさせた人物だ。アセントでは社外取締役を務める。「とにかくやっていることが面白い。ちょっと他社がやっていることとはアプローチが違う」。


wbs_20180517_09.jpg

※ 社外取締役の久夛良木健氏。「世界の一流技術者が集まっている。この多様性がいい」


そしていよいよ、アセントは仮想空間から「現実世界」へ飛び出した。慶応大学の新川崎タウンキャンパス(川崎市)の敷地内をそろりと走る赤い車。アセントが4月に製作を始めたばかりの実験用の自動運転車だ。いくつものセンサーやカメラを付けた車を走らせ、道路などの情報を集めている。「従来の"仮想空間"で得たデータと、この車で得る"現実"のデータを組み合わせると、世界を表現する"やり方"が見えてくる。これから毎月、すごいことが起き続けるよ」と、現場にいた開発者は興奮して話す。今夏には、運転者がいない「完全自動運転」の実験を始めたいという。


wbs_20180517_10.jpg


wbs_20180517_11.jpg

※ 実験用の自動運転車。「仮想世界」と「現実世界」のデータを組み合わせる


さらに、その先に見据えるのが、自動車メーカーとの連携だ。すでに数社と検討を始めている。「日本でまず(共同開発を)始めて、日本の自動車メーカーに強くなってもらうと同時に、日本発の技術を世界中で使ってもらいたい」と意気込む石﨑CEO。少数精鋭の「ワールドチーム」が、大手メーカーを巻き込んで世界のクルマ社会に変革をもたらす日は来るだろうか。


wbs_20180517_12.jpg

※ アセントの石﨑CEO。 「2020年までに必要な開発を完了する」

詳しくは「テレビ東京ビジネスオンデマンド」へ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ワールドビジネスサテライト

ワールドビジネスサテライト

ビジネスや生活に役立つ「自分につながる」経済ニュース番組。ヒット商品を先取りした「トレンドたまご」、経済の最新情報を伝えるコーナーなど。

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~金曜 夜11時

出演者

大江麻理子、滝田洋一、山川龍雄、相内優香、須黒清華、片渕茜、北村まあさ

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧