• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 「救急医療」で地域の信頼を勝ち取った地方病院の復活劇!:カン...

「救急医療」で地域の信頼を勝ち取った地方病院の復活劇!:カンブリア宮殿

ビジネス

テレ東

2018.5.24 カンブリア宮殿

kanburia_20180523_thum.JPG


平昌五輪・日本スピードスケート女子で初めての金メダルを獲得した小平奈緒。小平選手を"地元の選手として応援したい"と受け入れた病院がある。
長野県松本市にある相澤病院だ。「24時間365日、どんな患者でも受け入れる」が基本理念の相澤病院。かつては6年連続の赤字に苦しむ地方病院だった。
「救命救急」に特化させて地域からの信頼を勝ち取り、地域に必要とされる病院に生まれ変わらせた相澤改革の舞台裏に迫る!



【24時間 365日、患者を受け入れる仕組みを構築】


kanburia_20180523_01.JPG


1日平均100人もの患者が押し寄せる相澤病院の救命救急センター。だが、それに対応するスタッフは、救急医が2人、研修医2名、看護師7人という体制だ。
実は、相澤病院には少数精鋭で多くの患者に対応できる仕組みがある。それを実現させているのが、患者の重症度をはかる「トリアージ」だ。患者情報を聞き込み、治療の優先度の高い順に「赤」「黄」「緑」に分類。


さらに、専門的な治療が必要な患者が来院した場合は、24時間体制で全診療科の医師が駆け付ける。この病院では、救急医は初期診断に徹し、治療は専門医が行うという仕組みを構築することで、「24時間・365日、どんな人でも受け入れる」を実現しているのだ。

こうした独自の仕組みを作り上げた相澤病院は、いまや、全国から注目を集め、医療スタッフが不足しがちな地方病院でありながら、勤務希望者が殺到しているという。徹底した「チーム医療」で地域の信頼を勝ち取った相澤病院の驚くべき独自戦略を徹底取材した!


【赤字病院から脱却させた相澤改革】


kanburia_20180523_02.JPG


24時間365日どんな患者でも受け入れるというポリシーのもと地域から絶大な信頼を受けている相澤病院だが、1990年代には6年連続の赤字という苦しい状況に追い込まれていた。
国の政策で診療報酬が抑制されていく中で、過重労働から看護師が大量に退職。やむなく病棟も閉鎖したことで、収入は激減。6年で累計赤字が17億円にまで膨らんだという。


そんな厳しい環境の中で、当時・相澤病院の副院長を務めていた相澤は「仕事に対する職員の意識」の改革に乗り出した。実は、この改革で柱としたものこそ「救命救急に特化する」という戦略だったのだ。一般的に「儲からない」と言われる救命救急。その課題を克服するために相澤は、全国に先駆けて、地域の開業医とのネットワークを作り上げる。


さらに、相澤病院で行った診察内容や検査データを開業医がいつでも診ることができる「ドクターネット」を開設することで、地域全体の医療機関で患者をフォローする仕組みを構築したのだ。
「救命救急」に特化しても赤字にならない独自の仕組みを作り、業界の常識を打ち破った相澤改革の真相に迫る!



【"病気を診るな!人を診ろ!"患者に寄り添う病院づくり】


kanburia_20180523_03.JPG


相澤が目指す、もう一つの大きな柱、それが「患者の病気だけを診るのではなく、人という存在を大切にする」という視点だ。それを実現させるために、2016年、急性期を乗り越えた患者を通常の生活に戻すことを目的とした日本初の"退院支援病院"「相澤東病院」を設立。


さらに、自宅に戻ってからのフォローもできる「独自の在宅リハビリ」の仕組みも整えた。そして、病院の近くに格安で入居できる「サービス付き高齢者向け住宅」も建設したという。
需要を察知して先手を打ってきた相澤が目指す、患者の人生に寄り添う医療とは...その可能性を探る!


過去の放送回を見るなら「ビジネスオンデマンド」へ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

放送日時:テレビ東京系列 5月24日(木) 夜10時

出演者

【ゲスト】相澤病院 理事長 相澤孝夫 【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧