• #
  • トップ
  • ビジネス
  • "世界一のビーチ"が閉鎖... 日本の技術で救う!:未来世紀...

“世界一のビーチ”が閉鎖... 日本の技術で救う!:未来世紀ジパング

ビジネス

テレ東

2018.6.6 日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~

zipangu_20180530_thum.jpg


66日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」(毎週水曜夜10時~)は、世界有数のリゾート地のごみ問題と、その解決のために導入されたニッポン発の"最新ごみ処理技術"をレポート。また、リサイクル先進国・スウェーデンで取り入れられている驚異の「ごみの地下輸送システム」なども紹介する。



大統領が島を閉鎖! 島を脅かす廃油を日本企業が活用


zipangu_20180530_01.jpg


zipangu_20180530_02.jpg


有名リゾート雑誌や観光サイトで「世界一のビーチ」に選ばれているフィリピン・ボラカイ島。4キロにもわたる白い砂浜が魅力だが、現在のボラカイ島は大きな危機に陥っている。あのドゥテルテ大統領が「ボラカイ島を閉鎖する」と表明したのだ。


zipangu_20180530_03.jpg


原因となったのは島の景観を脅かすごみ問題。ボラカイ島へ飛んだ番組ナビゲーターの鎌田靖は、流れ着いた大量の海藻が黒い塊となってビーチを埋め尽くす光景を目のあたりにする。汚水を栄養分にして海藻が大量発生した可能性があるという。


zipangu_20180530_04.jpg


また、観光客が残していく大量のごみも問題となっている。ボラカイ島から出るごみは1日78トンともいわれるが、島にはごみの焼却場がない。ごみの行方を追いかけた鎌田は驚きの場所を目にする。


zipangu_20180530_05.jpg


ドゥテルテ大統領がボラカイ島の清掃のために設けた閉鎖期間は最大で6ヶ月。今後4ヶ月程度に短縮される可能性もあるが、閉鎖宣言を受けてボラカイ島では混乱が広がっている。ダイビングショップなど観光客向けの店舗にとっては、店の家賃や従業員への給料の支払いなど問題は深刻だ。


そんなボラカイ島で、ニッポン発の技術が注目を浴びつつある。それは、金沢エンジニアリングシステムズという日本企業が開発した「レナジーシステム」という装置。


zipangu_20180530_06.jpg


同社の社員はレストランやホテルを回って、調理の過程で出る廃油を買い集めていた。海藻の異常発生の原因にもなっていた廃油を"あるもの"に生まれ変わらせるという「レナジーシステム」の実力とは――。


zipangu_20180530_07.jpg



"ごみ対策先進国"に導入された地下輸送システム


"ごみ対策先進国"と呼ばれることもあるスウェーデンでは、大規模なごみ処理システムがすでに導入されている。家庭からでるごみは、金属や洋服など7種類に分別。


zipangu_20180530_08.jpg


その99%が何らかの形で有効的に再利用されており、街にはリサイクル品だけを売る大きなショッピングモールもある。


zipangu_20180530_09.jpg


7色の袋に分けられた家庭ごみは処理場へ集められるが、その処理場の実力に驚かされる。


さらに、ストックホルムのハンマビー地区には「自動ごみ収集ポスト」というものが設置されている。


zipangu_20180530_10.jpg


ポストに投げ込まれたごみが数キロ離れた場所にある収集所に自動で送られる。この超先進的なシステムの裏側と、ハンマビー地区の住民が受けた思わぬ恩恵を紹介する。


地域や国の取り組みだけでなく、地球規模で考え続けるべき"ごみ問題"。その解決策や最新技術を取り上げる「未来世紀ジパング」は今夜10時放送。お見逃しなく!


過去の放送回を見るなら「ビジネスオンデマンド」へ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~

『未来世紀ジパング』は、「明日が読めない日本」で「明日はこうなる」と読み切る 『経済予測番組』

放送日時:テレビ東京系列 6月6日(水) 夜10時

出演者

【MC】SHELLY、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)【出演】 鎌田靖(ジャーナリスト)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧