• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 便利さを極め街のインフラに!ドラッグストア・ウエルシアの戦略...

便利さを極め街のインフラに!ドラッグストア・ウエルシアの戦略に迫る!!:カンブリア宮殿

ビジネス

テレ東

2018.5.31

kanburia_20180531_thum.JPG


ドラッグストア業界に長らく君臨してきた"王者"マツモトキヨシホールディングスが、2016年、22年ぶりに売上高首位の座を明け渡した。
新たにトップに立ったのは「ウエルシアホールディングス」だ。その急成長の秘密は、ドラッグストアに、「コンビ二の便利サービス」と「スーパーの激安価格」を導入した点。
便利と格安でコンビニから客を奪い、"新たな社会インフラ"になりつつある、ウエルシアの戦略に迫る。



目指すは打倒セブンイレブン! 便利&激安で急成長するドラッグストア・ウエルシア


kanburia_20180531_01.JPG


都内のウエルシアを訪ねると、入口付近には、作り立て弁当が並ぶ。総菜や、コンビニの定番・淹れ立てコーヒーも販売している。公共料金も支払えるし、銀行ATMも完備している。その光景はドラッグストアというより、まさにコンビニだ。


さらに、ペットボトル飲料や菓子パンの値札を見ると、なんと100円以下。スーパー並みの激安価格なのだ。薬局でありながら、「コンビニの便利サービス」と「スーパーの激安価格」を実現させ、急成長を続けるウエルシア。
2016年には、ドラッグストア業界の王者マツモトキヨシの売上高を抜き、業界首位に躍り出た。


その躍進を主導する会長の池野隆光(74)は、「ライバルはマツキヨではない、セブンイレブンだ」と言い切る。打倒セブンに向けた武器の一つが、ウエルシア独自のPB商品。「血液サラサラ効果のあるハンバーグ」「糖質制限クロワッサン」など、「健康」を軸にした商品開発で、次々とヒットを生み出している。



「調剤併設店」「24時間営業」で「地域の健康サポート拠点」を目指す


kanburia_20180531_02.JPG


ウエルシアのルーツは、1965年に埼玉県・春日部市に誕生した「鈴木薬局」という小さな個人薬局。創業者・鈴木孝之は、自身が薬剤師だったことから、当時としては珍しい「調剤併設の薬局」を運営し、急成長。その後「グリーンクロス」というドラッグストアチェーンを作り上げた。


それと同時期に埼玉県内でドラッグストアを展開し「グリーンクロス」のライバルだったのが、現会長・池野の「トップ」。2002年、2社は合併し、店名を「ウエルシア」に統一した。後にやってくる医薬分業時代を見越して「調剤併設店」を拡大。薬剤師の人数を増やし、調剤併設ドラッグストアとして、業界で圧倒的ナンバー1の地位を築いた。


ウエルシアは、病院の前に林立するいわゆる"門前薬局"とは一線を画し住宅街に積極出店したり、深夜や早朝でも薬が買える24時間営業店を増やしたりして、「地域の健康サポート拠点」としての存在を高めようとしている。



ここまでやるの!?ドラッグストアの未来像とは


kanburia_20180531_03.JPG


「ドラッグストアは各社同質化している」こう危機感を抱く池野は、自らの発想で、これまでにない新しいドラッグストア像を模索している。
店舗の一角を高齢者に無料で開放し、憩いの場として使ってもらう「ウエルカフェ」は、約150店舗で実施。超高齢化社会を見据え、高齢者の生活を支えるというドラッグストアの使命を果たそうとしている。


一方、東京・日本橋の一等地にある「ビビオン」は、池野が始めた「働く女性のための日本初のシティ型ドラッグストア」。
店内には、アクセサリーやアパレル、エステやネイルサロンまで、感度の高い女性向けの商品やサービスを取り揃えた。


さらに、買い物ついでに飲食できる店がないことに気付いた池野は、なんと「カレー店併設ドラッグストア」まで開業した。「ドラッグストアはもっと進化できる」。そう語る池野が描く将来のビジョンとは?

過去の放送回を見るなら「ビジネスオンデマンド」へ!


※「全仏オープンテニス2018」により、放送が休止になる場合があります。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

放送日時:テレビ東京系列 5月31日(木) 夜10時

出演者

【ゲスト】ウエルシアホールディングス 会長 池野隆光 【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子

人気の記事POPULAR ARTICLE

      カテゴリ一覧