• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 衣類の気になる箇所を修繕"大人気"おせっかい宅配クリーニング...

衣類の気になる箇所を修繕”大人気”おせっかい宅配クリーニング:カンブリア宮殿

ビジネス

テレ東

2018.6.6 カンブリア宮殿

kanburia_20180607_thum.jpg


ファストファッションの浸透や家庭用洗濯機の高機能化などで、クリーニング業界が斜陽産業へと傾く中、宅配クリーニングで急成長を遂げているのが「東田ドライ」だ。4年前に始めた宅配クリーニング「リナビス」が評判を呼び、全国的にファンが拡大。職人気質な社長の父親と経営を担う専務の息子の強力タッグで、業績を字回復させた。手間暇を惜しまない「おせっかいクリーニング」で業績を上げる逆転経営の全貌とは!?



【全国にファンが拡大する"おせっかいクリーニング"】


kanburia_20180607_01.jpg


東田ドライでは、頼んでもいないのに、預かった衣類の気になる箇所を修繕して、一番いい状態に戻してくれる。「ほつれ修繕無料」「シミ抜き無料」「ボタンの取り付け無料」など、かゆいところにまで手が届く"おせっかいクリーニング"が最大のウリ。その無料サービスを全面に打ち出した宅配クリーニング「リナビス」が客の心をつかみ、業績はうなぎ上りだ。


kanburia_20180607_02.jpg


社長はシミ抜きを中心に職人として働き、20代でネット世代の息子が経営の舵をとる。親子二人三脚で切り盛りする地方のクリーニング店の裏側に密着。



【親子の確執を乗り越え...V字回復!】


kanburia_20180607_03.jpg


クリーニング職人として質の高いサービスにこだわる父、一方、生き残りをかけ新たな経営戦略を思い描く息子。人口減少で経営難に喘いでいた地方都市のクリーニング店が、生き残りを図るために打ち出した新事業の裏側では親子の確執が生まれる。


現在、全国的な人気を誇る宅配クリーニング「リナビス」も、その一つ。親子でぶつかり合いながらも、互いに補完し合うパートナーとして事業を成功に導き、赤字経営から見事なⅤ字回復を実現。その東田親子の逆転劇に迫る!


【地方のクリーニング店のウィンウィン業務提携】


kanburia_20180607_04.jpg


兵庫県西脇市にある東田ドライでは、宅配クリーニング「リナビス」の利用客が増えることで、新たな問題にも直面している。それが大量受注への対応だ。現在、自社で抱えている工場と人員では、増え続ける受注に対応できなくなっているのだ。


kanburia_20180607_05.jpg


そこで動き始めたのが、集客力に苦戦している近隣のクリーニング店との業務提携。共存共栄を図りながら、地方のクリーニング店を活性化するために汗をかく奮闘ぶりを追った。


過去の放送回を見るなら「ビジネスオンデマンド」へ!


※「全仏オープンテニス2018」により、放送が休止になる場合があります。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

放送日時:テレビ東京系列 6月7日(木) 夜10時

出演者

【ゲスト】東田(とうだ)ドライ 社長 東田勇一 【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧