• #

悩みを聞いてアドバイスをくれる盆栽:WBS

ビジネス

テレ東

2018.7.24 ワールドビジネスサテライト

仕事や人間関係など、人は誰しも大なり小なり悩みを抱えているもの。そんな悩みを抱えきれず、誰かに聞いてもらって少し気持ちを軽くしたいときもあるだろう。
でも、あんまり友人に悩みや愚痴ばかりこぼしていたら、嫌われちゃうかも...と躊躇してため込んでしまいがちな人は、どこに吐き出したらいいのだろう。そんなとき静かに話を聞いて素敵なアドバイスまでくれる、頼もしい相棒になりそうなのがこちら。


toretama_20180724_01.jpg


なんと悩みを聞いてくれるのはこの盆栽! その名も「BonsAI(ボンス・エーアイ)」。
半信半疑ながら、片渕茜キャスターが「昨日友だちとケンカしちゃった」という悩みを打ち明けると...。


「『ある種の欠点は個性の存在にとって不可欠である』ってゲーテが言ってたよ」


なんと盆栽がこんなおしゃべりを! "それぞれの欠点を認め合ってまた仲直りできるかもしれない"いいアドバイスだ。これは、盆栽に搭載されたAIが、偉人の名言のなかからぴったり合う言葉を選んで答えてくれるというもの。ゲーテ以外にも、プラトン、ヘミングウェイ、ガンジーなど、約80パターンもの名言の中から適切な言葉を選んでくれるという。


toretama_20180724_02.jpg


さらに、水をあげるようなそぶりをすると、鉢の部分がレインボーに光って「お水をくれてありがとう」と喜ぶリアクションを見せたり、ペットのように一緒に散歩することもできるので、本当に盆栽を"育てて"いるような気分になれる。


toretama_20180724_03.jpg


開発を担当したTDKの佐藤俊弥さんは「本物の盆栽だけではできないコミュニケーションがとれるのがおもしろいかなと思います」とコメント。


普段は電子部品を手掛けているTDKが、なぜ盆栽を?
「TDKは電子部品を扱っている会社なので、なかなかみなさんに知って見てもらう機会がないのですが、テクノロジーに興味をもっていただきたいという気持ちで作りました」と佐藤さん。TDKというとセンサー技術が代表的だが、明るさのセンサーや磁力のセンサーといった10種類ほどの部品が盆栽の鉢の中に組み込まれているそうだ。今回、盆栽部分には人工植物が使われていたが、本物の盆栽にすることも実際に水をあげることも、技術的には可能だという。


植物には癒しの効果があるというが、この「BonsAI」は誰かに悩みを聞いてほしいときにそっと寄り添ってくれる...本当の意味で癒しの存在になりそうだ。


【商品名】
BonsAI(ボンス・エーアイ)


【商品の特徴】
AIが搭載された盆栽。悩みを語りかけると、偉人の名言から適切な言葉を選んで答えてくれる


【企業名】
TDK


【住所】
東京都港区芝浦3-9-1 芝浦ルネサイトタワー


【その他】
発売未定


※その他、先週の「WBS」"トレンドたまご"では、以下のトレンドを紹介!


●丸めるだけで光る紙"PAPER TORCH"
市松模様柄の紙。丸めるだけで懐中電灯のように点灯する


●進化系雑巾!?"軽い力でしぼれる雑巾"
日本初! 輪っか形状の雑巾で、指を引っかけてねじるだけで簡単にしぼることができる


●探しものを教える棚"プロジェクション ピッキングシステム"
プロジェクションマッピングの技術を応用して、どこに何があるのかわかるシステムを開発


●バクテリアで発電!?"バクテリア発電を使ったセンシング技術"
バクテリアの発電を利用して、センサーを動かし、データを送信する技術を開発


詳しくは「ビジネスオンデマンド」へ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ワールドビジネスサテライト

ワールドビジネスサテライト

ビジネスや生活に役立つ「自分につながる」経済ニュース番組。ヒット商品を先取りした「トレンドたまご」、経済の最新情報を伝えるコーナーなど。

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~金曜 夜11時

出演者

大江麻理子、滝田洋一、山川龍雄、相内優香、須黒清華、片渕茜、北村まあさ

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧