• #
  • トップ
  • ビジネス
  • "専門外の患者"をチームで救え!医療現場の「大問題」に挑むア...

ビジネス

テレ東

2018.7.26

“専門外の患者”をチームで救え!医療現場の「大問題」に挑むアプリ:WBS

wbs_innoben_20180726_thum.jpg


「ワールドビジネスサテライト」 (毎週月曜~金曜 夜11時)では、新企画「イノベンチャーズ列伝」がスタート! 社会にイノベーションを生み出そうとするベンチャー企業に焦点をあてる。そこで、気になる第7回の放送をピックアップ。



午後7時、千葉県の総合病院。救急外来に小学生の男児が運ばれてきた。自転車に乗って交差点を渡ろうとしたところ、車が突っ込んできたという。男児は倒れた拍子に腹部にすり傷を負ったほか、頭部を地面で強く打っていた。


wbs_innoben_20180726_01.jpg

※ WBSの取材中、交通事故にあった男児が運び込まれ...


念のため脳に影響がないかCTを撮影。ところが、その撮影画像と向き合う当直医は「整形外科」の専門医。脳に関しては全くの専門外だ。このように夜間救急医療の現場では、当直医が自分の専門でない重症患者に直面することが、しばしばある。


すると、この当直医は「子供のCTは見慣れないし、当院に脳外科の先生は常駐していない。他の医師に聞いてみる」と話し、スマートフォンに何やら入力し始めた。「出血や骨折はなさそうにみえるのですが、どうでしょうか」と打ち込んだ質問にCT画像を添えて、あるアプリに投稿した。


wbs_innoben_20180726_02.jpg


wbs_innoben_20180726_03.jpg

※ 脳は「専門外」の整形外科医。CT画像と質問をアプリに投稿
(CT画像は患者の許可を得た上で投稿されています)


そのわずか4分後、面識のない神経内科の医師から「問題ない」との返信。おかげで当直医は自らの診断が正しかったことを確認し、自信をもって処置を続けることができた。


彼が使っていたアプリは「Antaa QA」。登録した約1200人の医師たちが、困った時は質問を投稿し、自らの専門知識でアドバイスできるときは回答を投稿する、というものだ。いわば1200人の医師が"チーム"となって医療にあたる仕組み。運営するのは、東京都内にあるベンチャー企業「Antaa(アンター)」だ。


wbs_innoben_20180726_04.jpg

※ アプリ「Antaa QA」を運営するアンター本社(東京・文京区)。


創業者の中山俊CEO(32)は現役の整形外科医。ベンチャー経営の傍ら、週2日は患者に向き合っている。


wbs_innoben_20180726_05.jpg

※ 週2日は整形外科医として患者を診る、アンターの中山俊CEO(左)


彼を起業に駆り立てたのは、3年前の出来事。夜の当直をしていた時、ある女性患者が運び込まれてきたのだが...。


wbs_innoben_20180726_06.jpg


wbs_innoben_20180726_07.jpg


それを中山氏は、本当にやり抜いた。「夜、車の運転中にスマホが鳴れば、路肩に止めて回答した。夜中の2時や3時に、何日も連続で鳴ることもあった。鳴ると、ボン!と目が覚める。そんな生活を半年間続けた」。そんな中山氏の取り組みに共感した医師たちが30人集まり、2016年にアンターを創業。去年、「Antaa QA」の運用を始め、医師1200人が利用するサービスに育てた。


「Antaa QA」が医師たちの信頼を得られたのは、厳密に「医師専用」を貫いたからだ。アンターは利用希望者から必ず医師免許証の画像を取り寄せ、1件1件、厚生労働省に照会。「本物」と確認できた場合のみ、ユーザーとして登録する。 現場の医師たちは100%「医師による書き込み」だと分かっているから、アドバイスを信じて医療行為に生かすことができる。


中山氏はさらに「Antaa QA」の利用者を増やし、医師のネットワークを広げようと奔走する。特にいま力を入れるのが「地方」への展開だ。医師が足りない地方では、1人の医師が専門外の患者に直面する機会は都市部より格段に多い。彼らのアプリへの潜在ニーズは非常に強いと考えている。


wbs_innoben_20180726_08.jpg

※ 「地方の医師」開拓を目指す中山氏。この日は宮城県の在宅診療所へ


その先に見据えるのが「海外」だ。特に医師も医療インフラも不足している新興国の地方などで、「Antaa QA」は大きく役立つと考えている。「医師と医師がネットでつながるだけでも、日本を越えた様々な地域で医療を底上げできる。東南アジアなどの医師と連携していきたい」と意気込む中山氏。世界の医師同士が専門知識を持ち寄り、皆で患者に向き合う世の中が実現するまで、「二足のわらじ」生活は続きそうだ。


wbs_innoben_20180726_09.jpg

※「医師がみんなで患者に向き合う未来を作る」と意気込みを語る中山氏


詳しくは「テレビ東京ビジネスオンデマンド」へ!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

ワールドビジネスサテライト

ワールドビジネスサテライト

ビジネスや生活に役立つ「自分につながる」経済ニュース番組。ヒット商品を先取りした「トレンドたまご」、経済の最新情報を伝えるコーナーなど。

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~金曜 夜11時

出演者

大江麻理子、滝田洋一、山川龍雄、相内優香、須黒清華、片渕茜、北村まあさ

カテゴリ一覧