• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 唯一無二のソフトクリームの総合カンパニー「日世」のユニークな...

唯一無二のソフトクリームの総合カンパニー「日世」のユニークな経営術に迫る!:カンブリア宮殿

ビジネス

テレ東

2018.9.6 カンブリア宮殿

商業施設や道の駅、コンビニや老舗の和菓子店など、国内で年間5億本が消費される「ソフトクリーム」。そのソフトクリームのトップメーカーが日世だ。ミックス、コーン、フリーザーというソフトクリーム作りに必要なものすべてを製造・販売している。さらに全国各地の道の駅などで販売されているご当地ソフトも開発。9月6日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」では、きめ細やかなフォロー体制で、販売店も客も笑顔にする日世。そのユニークな経営術に迫る!


『ソフトクリームのトップカンパニー、成功への道のり』


kanburia_20180906_01.jpg


日世は1951年、アメリカ日系2世の田中讓治が興した貿易会社が始まり。アメリカで人気のソフトクリームを日本で売れないかとフリーザー10台を輸入し、大阪の百貨店で販売してみると大好評。瞬く間に全国に広まり、ソフトクリームの第1次ブームを起こした。さらに、1970年に開催された大阪万博では、食べ歩きというスタイルを根付かせ、開催期間6ヶ月で直営店で約30万個のソフトクリームを販売。これがきっかけとなり第2次ブームが起こった。


kanburia_20180906_02.jpg


日世はこうしたソフトクリームブームを幾度となく巻き起こし、文化として根付かせてきたのだ。また、2013年には上質な生クリームを配合した濃厚なクリームに今までにないラングドシャコーンを組み合わせた「クレミア」を発売。「大人のソフトクリーム」として今や1700店舗が扱う大ヒット商品になっている。


『日本の高品質ソフトを世界へ!』


kanburia_20180906_03.jpg


中国は今、空前のソフトクリームブーム。しかし、かつて売られていたものは日本のものとは比べ物にならない粗悪品が多くあった。日世は2008年から中国市場に進出。品質を追求した日世のソフトクリームが販売されるようになると、瞬く間に中国国内でソフトクリームが人気となった。また、日本で美味しいソフトクリームを食べた中国人も増え、人気に拍車がかかった。さらに、現在は中国人の味覚に合わせた烏龍茶ソフトやドリアンソフトなども開発。今や中国市場だけで150億円を稼ぎ出すまでに成長している。


【「カンブリア宮殿」傑作選】9月11日(火)9時59分まで配信中


「RIZAPグループ社長 瀬戸健」(18年2月8日 OA)
「一澤信三郎帆布社長 一澤信三郎」(18年5月10日 OA)
「相澤病院理事長 相澤孝夫」(18年5月24日 OA) ※ギャラクシー賞5月月間賞

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

放送日時:テレビ東京系列 9月6日(木) 夜10時

出演者

【ゲスト】日世 社長 岡山宏 【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧