• #

受験にも役立つ! どこでも集中できるパーティション:WBS

ビジネス

テレ東

2019.3.12 ワールドビジネスサテライト

たとえばカフェなどで仕事をするとき...雑音が気になって集中できない、周囲にたくさん人がいて落ち着かない、人の視線が気になってしまうことはよくあるだろう。だがそんなとき、周囲の雑音を気にせず、自分の空間を持てるとしたら?


toretama_20190312_01.jpg


頭をぐるりと囲うこの変わったベルト。これは、まわりの環境をシャットアウトして自分だけの空間を作り出す、まったく新しいウェアラブルデバイスだ。中にはヘッドホンがついている。


早速、北村まあさキャスターが装着してみると、「視界がもう遮られてますね。横で手を振られてもわからない」とのこと。


toretama_20190312_02.jpg


実際どのように見えているかをカメラを使って再現した。このように、カメラにベルトをかぶせると、パーテーションで区切られたように左右の視界が遮られる。


さらにこのヘッドホン、まわりの雑音もおさえるということで、中にマイクを仕込んでみた。スマホから音を流し、ベルトをする前と後でその音がどのように変化するか試してみる。


北村キャスターがベルトをつけてみた。映像ではちょっとわかりにくいものの、周りの音量がおさえられて、水中にいるかのようにくぐもって聞こえるとのこと。


toretama_20190312_03.jpg


視界と音を制限し、集中力もアップ! ということで積み木で実験してみることに。
時間は1分間。ベルトをつけない状態とつけた状態で、どれだけ積み木を積み上げられるかを比較。あえて周りも騒ぎ、北村キャスターの集中力を削ごうとしたが...。「ベルトをつけると気にならない」とのこと。その結果、わずかながらベルトありのほうが積み上げるスピードが上がった。「一段分多く積み上げられました!」と北村キャスター。


toretama_20190312_04.jpg


開発したパナソニックの姜花瑛さんは、「いろんな会社でコワーキングやフリーアドレス化という働き方改革が進んでいますが、個室を作るのは数が限られる。こういうツールを使いながら仕事をすることをイメージしています」と話す。


つけることで集中できるのはもちろん、この状態を見れば、周囲の人も「あの人は今、集中しているな!」ということがわかるので、誰も話しかけることができない。発売は未定だが、「子どもの勉強用に欲しい」という声もあるそう。


頭に装着するだけでどこでも集中できるこのベルト、これからの時代に役立ちそうだ。


【商品名】
WEAR SPACE


【商品の特徴】
視界と音を遮り集中できる空間をつくる


【企業名】
パナソニック フューチャーライフファクトリー


【発売日】
発売未定


※その他、先週の「WBS」"トレンドたまご"では、以下のトレンドを紹介!


●ショルダーバッグ化"ダンボールフック"
肩に段ボールをかけて運べる器具(フック)を開発。両手が開くので便利


●捨てずに有効活用! "ZENB STICK/ZENB PASTE"
皮、芯、さやまで、まるごと全部食べられる野菜スティックと野菜ペースト


●警察とも連携"歩行者等支援情報システム"
青信号を延長させるシステム


●小さなカメラマン!? "インテリジェント・コンパクト・カメラ(仮称)"
カメラマンの代わりに撮影をしてくれるカメラ


詳しくは「ビジネスオンデマンド」へ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ワールドビジネスサテライト

ワールドビジネスサテライト

ビジネスや生活に役立つ「自分につながる」経済ニュース番組。ヒット商品を先取りした「トレンドたまご」、経済の最新情報を伝えるコーナーなど。

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~金曜 夜11時

出演者

大江麻理子、滝田洋一、山川龍雄、相内優香、須黒清華、片渕茜、北村まあさ

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧