• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 「日本の米粉」がドイツで大人気?世界が注目する"新ニッポン流...

「日本の米粉」がドイツで大人気?世界が注目する”新ニッポン流”:未来世紀ジパング

ビジネス

テレ東

2019.4.3 日経スペシャル 未来世紀ジパング

zipang_20190403_01.jpg
4月3日(水)放送「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、「日本の米粉」がドイツへ、そして「医療×職人技」の異色コンビが生んだ靴がニューヨークへ!様々な壁を乗り越え、新たな"ニッポン流"で世界を目指す人々に密着。海外進出に成功したその秘訣に迫る。

日本の"もちもち米粉パン"に注目...広がる"グルテンフリー"ブーム

団子や大福、ういろうなど、様々な和菓子に使われている米粉。最近では健康志向の高まりなどから注目を集めているが、実は米粉だけでふっくらしたパンを焼くことは難しかった。これを実現した鹿児島の「小城製粉」は、米粉にこだわった異色の製粉会社。2年の歳月をかけ、つなぎを混ぜずに、手軽に"ふっくらもちもちパン"が焼ける米粉を開発したのだ。

zipang_20190403_02.jpg
その特徴は、独特の粘りとふくらみやすさ。しかも、小麦のパンと全く同じレシピで、パンが焼ける!小麦アレルギーの子供を持つ家族が待ち望んでいた、まさに"夢の粉"なのだ。

zipang_20190403_03.jpg
そんな米粉を生んだ小城製粉が、鹿児島から世界へと打って出た。ドイツの首都ベルリンにあるカフェをのぞくと、小城製粉の「KOMEKO」が山積みに。パン職人である店のオーナーは、小城の米粉に出会った時の様子をこう興奮気味に語った。「バームクーヘンがふわふわに仕上がっていて、信じられなかった!魔法の粉だよ」。今ではこの店で作るパンやケーキなど、実に9割の商品に小城の米粉を使うほどの"熱烈ファン"なのだ。


zipang_20190403_04.jpg
そんな小城製粉に追い風が...。欧米では今、小麦粉を使わない "グルテンフリー"がブーム。小麦に含まれるたんぱく質のグルテンを避けると、健康やダイエットにも効果があると考える人も増えていて、小麦の代替品として米粉が注目されているのだ。小城製粉は現地法人を設立し、パイやケーキを焼ける米粉も新たに開発。"日本発"の米粉が、世界で広く受け入れられるための挑戦が始まった!


zipang_20190403_05.jpg

37,000円もするのにリピーターが!医師と職人が挑んだ"痛くないハイヒール"


ハイヒールは足を長くきれいに見せられるけれど、外反母趾や痛みも...。そんな女性の悩みを解決してくれると話題なのが、「ドクターミカエイチ ニューヨーク」の靴。去年3月に発売され、3万7千円と高額ながら、購入した人の半分がリピーターだという。履いた女性が思わず「最高」と口にするフィット感...その秘密は、独特の形をした2つの中敷にあるというが?


zipang_20190403_06.jpg
この靴を開発したのは、ニューヨーク在住の「ドクターミカエイチ」こと足病医・林美香医師。足病医とは、「膝から下」の全てを診る足の専門医のこと。診察だけでなく外科手術もする。林医師はニューヨークで医師免許を取得し、20年以上足の病気と向き合ってきたが、靴を考案したきっかけはニューヨークで働く女性の靴事情にあったという。


zipang_20190403_07.jpg
ニューヨークでは、実は働く女性の多くが、職場ではわざわざヒールのある靴に履き替える。全ては自分をプロフェッショナルに見せるため...。林医師は、そんな靴の悩みを解決するために、"痛くないハイヒール"を作ることを決意したのだ。だが、「長く歩いても疲れず、頭痛も改善される」「外反母趾を予防」など、構想を練ってイタリアの靴職人にイメージを伝えたところ、「そんなことはできない」と門前払い。失意の林医師だったが、そんな折に出会ったのが、日本の靴職人だった。


zipang_20190403_08 .jpg
それは東京・浅草にある小さな靴工房。今では数少ない"手作り"にこだわる工房に、靴の製作を託した。

通常のハイヒールは、足が前に滑り、つま先付近の裏側や親指の付け根に痛みが出やすい。そこで目指したのが、①かかと周り ②かかとの底 ③つま先付近の裏側のパッド、の3つのポイントで足の前ずれを防ぎ、体重が均等にかかるようにすること。デザイナーと靴職人が何度もサンプルを作り、林医師のアイデアが実現。2年の歳月をかけて販売まで漕ぎつけた。

zipang_20190403_09.jpg
輸出することが極めて少ない靴業界だが、3月下旬ニューヨークでも販売を開始。浅草から届いた靴に、果たしてニューヨーカーの反応は...。


zipang_20190403_10.jpg
他にも、アフリカのケニアで日本食レストランを経営する男性に密着。海から500キロ離れた内陸の地・ナイロビで、新鮮な魚を確保するための、驚きの"独自ルート"とは?新たな"ニッポン流"を武器に、世界に挑む人々の奮闘を伝える「日経スペシャル 未来世紀ジパング」は、今夜10時放送。お見逃しなく!

この放送が見たい方は、テレビ東京ビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

日経スペシャル 未来世紀ジパング

日経スペシャル 未来世紀ジパング

『未来世紀ジパング』は、「明日が読めない日本」で「明日はこうなる」と読み切る 『経済番組』

放送日時:テレビ東京系列 4月3日(水) 夜10時

出演者

【MC】SHELLY、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)【出演】 鎌田靖(ジャーナリスト)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧