• #

最短で人気YouTuberになるには? 大成長を遂げた仮面YouTuberに訊く5つの心得

ビジネス

テレ東プラス

2019.6.22

20190622_mentaliste_01.jpg
今もっとも注目されているYouTuberのひとり。それが、アニメキャラのような出で立ちで心理学をもとにした恋愛ハウツーを語る、「仮メンタリストえる」さんです。

2018年10月にチャンネルを開設し、わずか7ヶ月で26万人の登録者を獲得。これは盛り上がりを見せるYouTube市場の中でも、希少な成功例と言えます。

今回は仮メンタリストえるさんに、短期間でファンビジネスを拡大させるための心得を伺いました。まだまだ可能性に満ちあふれた動画SNS市場。最短で攻略したい方は必見ですよ!

【心得1】見せたい印象はビジュアルで作る


20190622_mentaliste_02.jpg
――えるさんって、いでたちが印象的ですよね。

これは僕の強いこだわりです。パッと見た瞬間に記憶に残り、なんとなく「すごそうな人」に見えませんか?(笑)。「仮メンタリストえる」という名前も、心理学を伝える人だと理解してもらえることを意識しました。

――確かに、一度見たら忘れない気がします。

僕の顔はこれといった特徴がなく、素のままでは覚えてもらえないと思ったので、仮面をかぶって特徴を演出したんです。加えて動画を撮影するためだけに部屋には何台ものパソコンモニターを置き、得体の知れない雰囲気を醸し出しています。

ファンビジネスを展開する場合、まずは名前やビジュアルを見せたい第一印象に近づけて、認知してもらうことを目標にしたいですね。

人は一貫性を求めるので、見た瞬間にノンストレスでコンテンツを受け入れられるような努力が必要です。企業のチャンネルならロゴやイメージカラー、イメージキャラクターなどを全面に押し出すのもアリだと思います。

【心得2】「チェックリスト」でコンテンツの質を担保する


20190622_mentaliste_03.jpg

――えるさんのチャンネルでは「好きな人の特別な存在になる方法」や「好感度が上がるLINEの返し方」など、心理学を取り入れた恋愛ハウツー動画を配信されています。こうしたコンテンツは、どのように企画されているんですか?

僕の場合は、あらかじめチェックリストを用意していて、すべての項目を満たしているテーマしか制作しません。具体的には、「ユーザーの悩みの総量が多いこと」「科学的根拠があること」などですね。

――リストの項目は、どのような基準で選定したのでしょうか?

一言で言うと「ユーザーが動画を見て心から良かったと思えるか」です。これを細分化した項目になっています。

加えて、最初から事業化することを視野に入れていたので、「ユーザーになり得る人の母数が多いこと」は絶対的な基準でした。つまり、悩んでいる人が多いテーマに絞る。また、心理学という特性上、信頼性を担保するために「科学的根拠があること」もマストでした。

このチェックリストのおかげで一定の質をキープすることができ、ユーザーの期待に応えることにもつながっていると思います。

【心得3】投稿は「フォーマット化」して一貫性を保つ






――動画を制作する際の具体的なテクニックをお聞きしたいです。


YouTubeやInstagramなど、ビジュアルが大事になるSNSの場合、型をつくるのがオススメです。僕の動画一覧を見ていただくと、同じような印象の動画が並んでいると思います。これは投稿をフォーマット化しているからです。

――えるさんの場合は、どんなフォーマットなんですか?

見た目(サムネイル画像や衣装)の印象を一定にすることに加えて、動画の構成を「結論ファースト」にしています。もったいぶらずに冒頭でズバリ結論を伝え、そのあと根拠となるエピソードを説明して、トータル5分程度でまとめています。

とはいえ、最初からフォーマットをガチガチにする必要はなく、ユーザーの反応を見ながら変化させていって、ベストを探れば良いと思います。

【心得4】時間単位の情報量を最大限まで増やす


――えるさんの動画はやたらと早口ですが、あの口調も戦略ですか?

ですね! 他のYouTuberよりも時間単位の情報量を増やすために、わざとまくしたてるような口調で話しています。そのうえで、ムダな余白や声のトーンが下がったところを編集でカットしています。だから、ひたすらアップテンポのままなんです。

――徹底していますね! 次から次へと情報が流れるので、つい見入ってしまいます。

僕は動画を見てもらうことに対して、相手の時間を奪っている感覚が強くあるんです。どうしたら視聴者に価値を提供して幸せになってもらえるかと考えて、行き着いたのが今のスタイルでした。

情報を凝縮して届けることで、10分の動画を見ても5分ぐらいの感覚になるように意識しています。僕の動画は離脱率がかなり低くて、これは満足度が高い証拠だと思います。

【心得5】リピーターを獲得するには、論理より「感情」


20190622_mentaliste_04.jpg
――えるさんのファン層について教えてください。

18~24歳の男性が8割ほどを占めています。元々は若年層の男女を狙っていたんですが、チャンネル開設1ヶ月の時点で男性の登録者が約7割と圧倒的に多かったので、徐々に男性向けにコンテンツをシフトさせていきました。

――リピーターを獲得するために、意識していることはありますか?

いくつかあって、まずはチャンネル登録したときのメリットをわかりやすく打ち出すこと。「圧倒的にモテるようになる」、「デートの会話に困らなくなる」などですね。

ユーザーからの恋愛相談に対してアドバイスをしていたこともあります。これは、恋愛ハウツーという「知識」にファンが付いている状態から脱却し、「僕個人」にファンを付けるためです。個別の相談に回答して人間味を感じてもらうことで、僕自身のファンになってもらうことに繋がると考えました。

ただ、恋愛相談は動画のフォーマット上、不都合な点があったため、代案として自己啓発セクションを追加するスタイルに変更しました。動画の最後に、ロジック一切なしの感情論を付け加えていて、ここだけは自分の経験をもとに自分の言葉で伝えるようにしています。これが評判が良くて、「感動して泣きました」というコメントをいただいたほどです。

この工夫によって、「知識」よりも「仮メンタリストえる」のファンになる人が増えた実感があります。

圧倒的な成長の裏には「緻密な戦略」があった


またたく間に人気YouTuberの仲間入りを果たした仮メンタリストえるさん。その裏には、計算された緻密な戦略が隠れていました。動画SNSをビジネスに活用したい、活用しているという方は、ぜひ5つの心得を意識してみてはいかがでしょうか。

【取材協力】
仮メンタリストえる
https://www.youtube.com/channel/UCoR01KQRDnox6FBIn5Nc-YQ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧