• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 忘れられた南国リゾート・サイパン...再ブームの兆し:未来世...

忘れられた南国リゾート・サイパン...再ブームの兆し:未来世紀ジパング

ビジネス

テレ東

2019.7.10 日経スペシャル 未来世紀ジパング

7月10日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、かつて日本人観光客で賑わった、南国のリゾート地「サイパン」を取り上げる。近年人気が低迷していたが、今年日本からの直行便が復活。人気回復へ向けた舞台裏に密着する。

日本人に忘れられた島・サイパン


日本から飛行機で4時間を切る場所にある人気リゾート地といえば、グアム。美しいビーチや充実したショッピングなど、子どもから大人まで楽しめるアクティビティが豊富で、年間56万もの人が訪れる。一方、グアムと同じく日本からほど近い距離にあるのがサイパンだ。かつて年間45万人が訪れ、グアムと並ぶ人気を誇った。しかし、近年は日本からの直行便が廃止されるなど、観光客が激減。今ではサイパンを訪れる観光客はわずか4万人ほどに。サイパンは日本人に"忘れられた島"となってしまった。

zipang_20190710_01.jpg
島の大きさはグアムの4分の1ほどしかないサイパンだが、実は魅力は満載。サイパン島の沖にある周囲1.5キロのマニャガハ島を取り囲む美しい海は、マリアナブルーと特別な呼び名で称され、ビーチは世界のベストビーチ・ナンバーワンに11年連続で選ばれている。

zipang_20190710_02.jpg
さらに険しい岩肌を超えた先に現れる、ブルーホールと呼ばれる海中洞窟は世界的にも有名なダイビングスポット。外洋から差し込む光が生み出す幻想的な風景を、シュノーケリングでも楽むことができる。サイパンはショッピングも充実。人気の買い物スポット「アイ・ラブ・サイパン」の売れ筋は、地元の島唐辛子を使った激辛調味料。他にもサイパンでとれたドライフルーツなど、地元産の豊富な商品が揃っている。

zipang_20190710_03.jpg
そんなサイパンの新たな魅力を伝えようと動いていたのは、JTBグループのツアー会社に勤務する手塚さん。地元の天文学者と打ち合わせを重ね、これまでにない観光資源として目をつけたのが、サイパンに広がる満天の星空だ。サイパンは夜の明かりが少ないため、暗さが増し、美しい星空が楽しめるのだ。「サイパンは来ると良さが分かる島。サイパンの魅力を再発掘して、ぜひ観光客に戻ってきてもらいたい」と意気込む手塚さん。再び日本人が訪れる呼び水となるのだろうか。

zipang_20190710_04.jpg

スカイマークが勝負をかけるサイパン直行便


日本の航空会社・第3位のスカイマーク。これまで羽田・福岡など、国内21路線のみを運行していたが、ついに初の国際定期便となるサイパン便に打って出る。なぜ今ハワイやグアムでなく、サイパンなのか。市江正彦社長を直撃すると「競合が多いところでいきなり国際線をやるつもりはない」と戦略を語る。LCCではないスカイマークは、大手2社が飛んでいないサイパンにこそ、商機があると踏んだのだ。

zipang_20190710_05.jpg
スカイマークが勝負をかけるサイパン便の舞台裏に番組のカメラが入った。1台15億円のフライトシミュレーターでは飛行訓練の真っ最中。実はパイロットも、サイパン路線は初となる。国際定期便へ向け、様々なケースを想定した訓練が続いていた。

zipang_20190710_06.jpg
一方、機内サービスを担当するプロジェクトチームも動き出していた。これまでスカイマークは国内線のみだったため、機内食を提供したことがない。そこで、プロジェクトチームが2種類の弁当を検討していたのだが、この弁当にはスカイマークならではのある事情が...。スカイマークでは大手のように機内にオーブンの設備がないため、火を使わなくても提供できる弁当タイプを検討していたのだ。

zipang_20190710_07.jpg
一つ目の和食弁当は、鳥の南蛮漬けにしらすおろし蕎麦、巻き寿司や押し寿司など豊富な品数が並ぶ。一方の洋食タイプは、サーモンのマリネに三元豚のカツサンドとボリューム満点。採用されるのはどちらかひとつ。機内での味覚の変化も考慮し、味付けなど細部までチェックしていく。そして数日後、機内食の最終プレゼンへ。部屋で待っていたのは会長と社長。トップ2人の厳しい目が光る。

zipang_20190710_08.jpg
国際定期便に先駆け、サイパンへのチャーター便を出すスカイマークでは、客室乗務員も最終準備に追われていた。スカイマークのサイパン便に抜擢されたのは、入社3年目の内山さん。客室乗務員にとって、機内食はもちろん、アルコール類の提供などのサービスも初となる。「自分もサイパンには行ったことがない」と不安をのぞかせる内山さんは、サイパンのガイドブックで猛勉強し、フライトに備える。

zipang_20190710_09.jpg
迎えた今年のGW初日、成田空港の行先を示す掲示版には、サイパン直行便の表示が。
旅への期待が高まる乗客たちを機内で迎える内山さん。訓練を重ねた接客や、検討を重ねた機内食に対し、乗客たちの反応はいかに。スカイマークの社運をかけたフライトが始まった。

zipang_20190710_10.jpg
さらに番組では、かつてサイパンが日本の統治下だった時代の面影や、太平洋戦争の爪痕を残す場所を紹介。現地から日本とサイパンの歴史を後世に伝える人々の想いを伝える。サイパンの過去と未来を映し出す「日経スペシャル 未来世紀ジパング」は、今夜10時放送。お見逃しなく!

過去の放送回を見るならビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

日経スペシャル 未来世紀ジパング

日経スペシャル 未来世紀ジパング

『未来世紀ジパング』は、「明日が読めない日本」で「明日はこうなる」と読み切る 『経済番組』

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 夜10時

出演者

【MC】SHELLY、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)【出演】 鎌田靖(ジャーナリスト)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧