• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 水道管の破裂事故が多発...迫り来るインフラ・クライシス:未...

水道管の破裂事故が多発...迫り来るインフラ・クライシス:未来世紀ジパング

ビジネス

テレ東

2019.8.7 日経スペシャル 未来世紀ジパング

8月7日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、90分の拡大スペシャル。日本国内、そして世界で問題となっている「インフラの老朽化」を取り上げる。日本、アメリカの深刻な"インフラ・クライシス"をレポートし、今後予測される事態やAI(人工知能)を駆使した新技術に迫る。

日本の水道管交換は130年かかる?


人々の暮らしに欠かせない公共インフラの老朽化が深刻な問題となっている。中でも近年頻発しているのが水道管の破裂。一度水道管に亀裂が入ると道路から水が噴き出し、近隣の商店街や住宅にまで浸水の被害をもたらす。全国でこうした漏水事故が年間2万件以上起きている。なぜ今、こんなに多くの水道管が破裂しているのか。

ある現場へ向かうと、掘り起こされていたのはボロボロの水道管。腐食が進行し、これが漏水の原因となっていた。日本の水道管の多くは、1960〜70年代にかけて高度経済成長期に敷設されたもの。水道管の交換目安とされる40年が過ぎ、今、全国の水道管が壊れ始めているのだ。

zipang_20190807_o.JPG
各自治体の予算には限りがあるため、老朽化した水道管を交換していくのは容易じゃない。例えば神奈川県川崎市の予算では、1年で40kmを交換するのが限界。仮に日本の古い水道管をすべて交換するとしたら、現在のペースでは130年かかるという試算も。この間にも水道管は劣化していき、問題を次世代に先送りしているのが現状だ。

zipang_20190807_ga.JPG

限界を迎えるアメリカのインフラ


インフラの老朽化を抱えているのは日本だけではない。2015年、アメリカ・ミシガン州にあるフリント市では、老朽化した水道管の鉛が溶け出し、水道水が汚染していたことが発覚。住民たちが健康被害を訴え、大統領が非常事態を宣言するという大混乱に陥った。元々、財政破綻していたフリント市では、現在も水道管を交換する目処はたっていない。

zipang_20190807_su.jpg
中西部に位置する人口12万人の地方都市、アメリカ・カンザス州トピカ市では、去年873件もの水道管が破裂。そのため水道局配水センターには修理部隊が常駐。水道局配水センターには常に修理部隊がスタンバイ、1日2件以上、多い日には10件も発生する水道管の破裂に対応している。番組が修理部隊に同行すると、向かった先は飲食店が多い街の中心部。問題の水道管には亀裂が入り、大きな穴まであいている。中は赤さびだらけで、腐食も進んでいた。

zipang_20190807_ana.JPG
19世紀末から20世紀初頭にかけて街ができ、急速に水道が普及したアメリカでは、100年を超える水道管が今でも使用されている。そのため、こうした水道管破裂や漏水事故は日本の年間2万件を遥かに上回り、年間24万件にものぼる...。

zipang_20190807_do.JPG

"水道管クライシス"の救世主は日本人


さらに水道管破裂の一報が入り住宅街の現場へ向かうと、作業中の修理部隊と一緒にいたのは一人の日本人。実はこの人こそ"水道管クライシス"の救世主と言われる加藤崇さん。加藤さんが作ったのは水道管の破裂を劇的に減らすソフトで、どこの水道管がいつ破裂するかを、0.1パーセント単位で予測していた。

zipang_20190807_ka.jpg
加藤さんは新卒で入社した大手銀行を数年で辞め、東大の研究者と共に人型ロボットのベンチャー企業「シャフト」を創業。翌年、その会社を「Google」に売却した。世界が注目する起業家で、ニューズウィークの「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれている。そんな加藤さんが2015年にシリコンバレーで新たに作った会社が、水道管破裂の予測を専門に行うベンチャー企業「フラクタ」だ。

zipangu_20190807_07.jpg
加藤さんが作ったソフト上の地図では水道管が5色に色分けされ、青は「安全」、黄色は「注意」、赤であれば「危険」と一目でわかる。さらに、敷設された年や、素材、長さなど水道管の細かい情報も表示され、「5年以内に75.5%の確率で破裂する」という確率までがわかる。いったいどうやって分析しているのか...。加藤さんが使っていたのは、人工知能AI。AIに100種類以上のさまざまな環境データを学習させ、水道管の腐食による劣化を予測するのだ。

zipang_20190807_ki.jpg
トピカ市は今年5月にこのソフトを導入し、今後データに基づき交換作業を進めるという。漏水事故を防ぐだけでなくコストも削減できるとして、全米20州、40以上の水道事業者がこのソフトを導入している。日本でも川崎市がソフトの導入を検討していて、「フラクタ」ともに実証実験をスタートさせた。さらに、相模原市や厚木市などを管理する神奈川県営水道も、「フラクタ」と組むべく検証を開始。日本の約1700ある自治体すべてにこのソフトの導入を見据える加藤さん。日本そして世界のインフラを救う救世主となるか。

zipang_20190807_zi.jpg
番組ではナビゲーターの鎌田靖が、ライフラインを地下にまとめて収容する「共同溝」の内部を取材。さらに老朽化が事故をもたらしかねない信号機の現状や、世界でも活用される日本の最新技術を公開。人々の生活を支えるインフラの最新事情を伝える「日経スペシャル 未来世紀ジパング」は、今夜10時放送。お見逃しなく!

過去の放送回を見るならビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

日経スペシャル 未来世紀ジパング

日経スペシャル 未来世紀ジパング

『未来世紀ジパング』は、「明日が読めない日本」で「明日はこうなる」と読み切る 『経済番組』

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 夜10時

出演者

【MC】SHELLY、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)【出演】 鎌田靖(ジャーナリスト)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧