• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 無人移動スーパーにロボットレストラン...世界のAI&ロボッ...

無人移動スーパーにロボットレストラン...世界のAI&ロボット大特集:未来世紀ジパング

ビジネス

テレ東

2019.9.4 日経スペシャル 未来世紀ジパング

zipangu_20190904_001
9月4日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、驚きの進化を見せる世界のAI(人口知能)やロボットを取り上げる。最先端のアメリカや中国で、すでに使われている最新技術を紹介し、テクノロジーの進歩がもたらす世界の近未来像を考える。

店ごと配達も? アメリカで進む無人店舗化


急速に進化を遂げる人工知能・AIやロボットの分野で、世界最先端といわれるのがアメリカ。サンフランシスコ郊外で街中を駆け抜けていたのは、AIを搭載した「全自動出前ロボット」だ。スマホのアプリで注文し、GPSと連動した地図で配達先の場所を入れると、そこまでロボットが商品を届けてくれる。

zipangu_20190904_002
これを可能にしているのが、AIの技術だ。ロボットに搭載された6つのカメラが周囲360度の人や信号、道路の起伏などを認識。その情報をもとにAIが自ら判断して目的地まで走行する。「キウイ」というロボットベンチャーが開発したこのAI搭載ロボットは、開始から2年で延べ3万5000人が利用。2023年までに100万台の稼働を目指している。

zipangu_20190904_003
さらに西海岸では、アプリで呼ぶことができる世界初の「無人移動式スーパー」の実験が行われていた。車の外に商品を持ち出すと電子タグで認識され、そのままアプリで決済が可能。「客が店に来るのではなく、店が客のもとに行く」という発想をAIで実現し、店に行けない高齢者をターゲットとして狙うという。

zipangu_20190904_004
実際の店舗のハイテク化も進む。サンフランシスコで1年前に誕生した売り場では、客が商品を選び、レジを通さずにそのまま店の外へ...。このレジなし店舗の秘密は天井に設置された7台のカメラと、手にとった商品を重さから計算する100台ものセンサー。このカメラとセンサーで客がどの商品を手に取り、どの商品を棚に戻したのか認識しているのだ。現在は、PRのために作ったデモ店舗のみだが、この分野にベンチャー企業が続々進出。今後も開発競争が進む。

zipangu_20190904_005

中国で人気!驚きのハイテクレストラン


AIの分野で、アメリカと並んで世界トップレベルなのが中国。天津市内では乗客が手のひらをかざしてバスに乗り込む光景が。実はこれは最新の生体認証で、手のひらに通る静脈で個人を識別し、プリペイドカードも携帯もなしで乗車することを可能にしていた。車内のQRコードの読み取り機械に個人情報を入力、手を機械に添えると10秒ほどで登録が完了する。乗車だけでなく、バス車内の自動販売機でジュースや水を買うことも可能だ。

zipangu_20190904_006
さらにこのハイテクバスには自動運転機能も搭載。現在は実験段階のため運転手も乗車し、最高速度も20キロと遅めだが、すでに一般道を客を乗せて走っており、完全自動運転の実現まであと一歩の段階まで来ている。

zipangu_20190904_007
これだけではない。北京では、なんとハイテクレストランが登場。番組カメラが厨房に入ると、そこに人の姿はなく、代わりに18台のロボットアームが食材の入った容器のタグを画像認識で読み取り、棚から次々と取り出していく。実はこのロボット、「パナソニック」と「ハイディラオ(火鍋チェーン店)」が共同で開発したもの。日本と中国の技術の融合が無人化を実現していた。

zipangu_20190904_008
さらに辛さやコクなどスープの味までロボットが調整。AIを搭載した配膳ロボが、厨房から客席まで最短距離で運ぶ。厨房の完全機械化で、従来の店舗より人間の役割が37%削減できているとの試算も。従業員はフロアでのサービスや客を楽しませるパフォーマンスに専念し、来店する客の満足度を上げていた。

zipangu_20190904_009

「家族を養えない...」"AIが仕事を奪う"が現実に


今年3月、ロサンゼルスで大規模なデモが行われた。港湾で働く労働者たちが「港の無人化計画」に抗議。参加者は1200人にものぼった。一部ですでに始まっている無人化の現場では、人が誰もいない空間で、40台もの大型機械が縦横無尽に荷物を運ぶ異様な光景が。この港の9つのターミナルのうちすでに一つは完全無人化、さらにもう一つ無人化されることが決定。今後このような機械が130台も入るという。

zipangu_20190904_010
「会社が労働者を全員クビにしようとしている」「無人化のせいで家族を養えなくなる」と不安を見せるデモの参加者たち。「AIが仕事を奪う」という懸念されていた事態がすでに現実となっていた。ロボットやAIは人の仕事を奪うのか、それとも人の負担を減らし、これまでにないサービスを実現させるのか。結論が出るのはそう遠い未来ではないのかもしれない。

番組では、日本のベンチャー企業が開発を進めるロボットや、イギリスの映像会社の驚きの動画加工など、AIを活用した最新技術を紹介。さらにAIで人生を劇的に変えた女性の生活にも密着する。進化を遂げたテクノロジーの最新情報を伝える「日経スペシャル 未来世紀ジパング」は、今夜10時放送。お見逃しなく!

過去の放送回を見るなら、ビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

日経スペシャル 未来世紀ジパング

日経スペシャル 未来世紀ジパング

『未来世紀ジパング』は、「明日が読めない日本」で「明日はこうなる」と読み切る 『経済番組』

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 夜10時

出演者

【MC】SHELLY、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)【出演】 鎌田靖(ジャーナリスト)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧