• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 緊迫!コンビニ大変革 どうする24時間 どうする食品ロス:ガ...

緊迫!コンビニ大変革 どうする24時間 どうする食品ロス:ガイアの夜明け

ガイアの夜明け【 コンビニに“夜明け”は来るか 】

コンビニが誕生して半世紀近く。“手軽で便利”なサービスで成長してきたが、そのビジネスモデルが大きな岐路に…。各社の生き残りをかけた戦いの現場にカメラが迫った。 https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

ビジネス

テレ東

2019.9.24 ガイアの夜明け

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。9月24日(火)の放送では、改革を迫られるコンビニ業界を特集。本部との摩擦や人手不足に悩むオーナーの姿と、各社トップの本音を伝える。

売りは"総菜バイキング!?全国NO.1のコンビニチェーンとは


コンビニの数は今や全国で6万店に迫る。大量の店が国内にひしめく飽和状態だが、中には工夫を凝らして売り上げを伸ばすコンビニもある。

福井市を中心に7店舗を展開する「オレボステーション」は、あることで全国ナンバー1のコンビニだという。店内に入ってみると一見普通のコンビニだが、店の奥にあったのは量り売りの惣菜。ここは70種類にも及ぶ弁当と惣菜が最大の売りで、客単価は848円。「ローソン」や「セブン-イレブン」に大差をつけ、客単価で全国ナンバー1のコンビニなのだ。

gaia_20190925_3.jpg
さらに、社長の小川明彦さんは、1秒足らずで商品と金額を反映させるAI(人工知能)レジを全店に導入し、さらなる差別化を図ろうとしている。

gaia_20190925_4.jpg
独自路線が求められるこれからのコンビニのあり方。一方で、人手不足や人件費の高騰などにあえぐ現状もある。スタジオでは、大手コンビニ3社の加盟店オーナーが集まり、本音を吐露。「オーナー自身が店のシフトに入って働いているか」との質問に9人中5人が挙手し、あるオーナーは「私だけでも240~250時間。家内も同じぐらい入る。しんどい」と話す。

gaia_20190925_5.jpg
今年2月には、人手不足による厳しい実情を訴えたオーナーと24時間営業にこだわるセブン-イレブン本部が対立し、業界を巻き込む論争に発展した。本部はどう受け止めているのか。永松文彦社長(62)は「時代が変化すれば、我々のビジネスのあり方も変化しないといけないと思っている」と話す。

gaia_20190925_6.jpg
4月、セブンは加盟店の負担軽減策をまとめた行動計画を発表。これまで全国一律の24時間営業にこだわってきたが、ついに「営業時間の短縮」を容認する考えを示した。実証実験や最新セルフレジの導入も行い、働きやすい環境づくりに取り組むという。「今年は新店の増加ではなく、既存店の売り上げ向上に力を注ぐ」(永松さん)。

"夜間無人化店舗" 気になる売上は?


こうした問題はセブンだけの話ではない。ローソンの竹増貞信社長(50)は、24時間営業をしたくてもできない店舗の改善策を検討し「しっかりと本部が向き合う」と表明する。

gaia_20190925_7.jpg
郊外の幹線道路沿いにある「ローソン氷取沢町店」(横浜市・磯子区)もその1つで、昼間は混雑するが、夜になると交通量が激減するため深夜帯の売り上げは人件費を下回る。だが、飯森謙治店長(36)は「ライバル店に客を奪われるのでは」と、24時間営業を止めることができない。

そこで、8月末から深夜0時から朝5時までの間、無人で営業する実験を行うことに。費用は全て本部の負担で、個人認証で入店できる深夜専用のドアやセルフレジなどが次々に設置された。今までにない24時間営業のやり方。半年間の結果次第では、全国展開もあるという。そして、いよいよ"夜間無人化実験"が開始されたが、これまでにないシステムだけに、予想外の緊急事態が発生。24時間営業問題の解決策にもなるかもしれない無人化実験の結果とは。

gaia_20190925_8.jpg

本格派の冷凍食品に注力するファミリーマート


人手不足に加え、コンビニが抱える大きな問題がもう1つある。「食品ロス」だ。廃棄する食品の金額はほとんどそのまま店の損失となり、あるオーナーは「僕の店では年間で8000万円くらい捨てる」と語る。

gaia_20190925_9.jpg
「ファミリーマート」の澤田貴司社長(62)は「食品ロスは大変な問題。チェーンをあげて取り組みを進めていかないといけない」と危機感を募らせる。解決のためファミリーマートでは、今年からクリスマスケーキは予約制に。澤田さんは「加盟店さんの収益が僕らの座標軸。コストを削減することはすごく大事」と話す。

gaia_20190925_10.jpg
また、最新技術で食品の賞味期限を最大3日延ばすことに成功。店長から「ロスが減った」と喜びの声が聞こえる中、さらに澤田さんが力を入れているのが冷凍食品だ。賞味期限が半年以上と長く、拡充が進めば大きな食品ロス対策につながる。食品メーカー「トオカツフーズ」(横浜・港北区)の力を借り、秋冬に向けて"弁当代わりになるワンプレート冷凍食品"の商品化を急ぐ。今回目玉として開発しているのが「四川風麻婆豆腐丼」。食品ロスを少しでも減らすため、同社の取り組みは続く。

gaia_20190925_11.jpg
番組では、オーナーと本部が新たな関係を模索する一幕や、現場に対するトップの考えなども紹介する。大量出店も岐路を迎え、働き方が問われるコンビニ業界の今を今晩10時からの「ガイアの夜明け」で放送。どうぞお見逃しなく!

過去の放送が見たい方は、ビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。江口洋介がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 夜10時

出演者

【案内人】江口洋介【ナレーター】杉本哲太

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧