• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 人工雲と味がまろやかになる究極の氷...コロナの夏を乗りきる...

人工雲と味がまろやかになる究極の氷...コロナの夏を乗りきる!意外な会社の新技術:ガイアの夜明け

ガイアの夜明け【新技術で猛暑を冷やせ!】

【8月4日(火)夜10時放送】 長い梅雨が終われば、灼熱の季節がやってくる。「人々が三密を避け、快適に夏を過ごせるように」…新たな取り組みの行方を追う。

ビジネス

テレ東

2020.8.4 ガイアの夜明け

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。8月4日(火)の放送では、コロナ禍で迎える夏本番、熱中症だけでなくウイルス対策も求められる異例の事態に、新たな技術で挑む企業を追う。

日本庭園に「人工の雲」が実現する!?


新型コロナウイルスの猛威が収まらない中、長かった梅雨が明けて本格的な夏が到来。例年この時期に話題となるのが、暑さ対策で実施される東京・丸の内にある「霧の道」だ。体感温度を下げ、近くに寄っても濡れない冷却ミストが人々に癒しを与え、夏の風物詩となっている。

gaia_20200804_3.jpg
この不思議な霧を作っているのは、大阪に本社を構える産業用ノズルのトップメーカー「いけうち」。解放された空間でも冷却効果が得られる「霧の冷房」は、コロナ対策で換気が必要な今、ニーズが高まっている。「いけうち」自慢の冷房用ノズルから噴射されるミストは、粒が細かく肌に触れる前に蒸発するため、人を濡らさずに冷やすことが可能。

gaia_20200804_4.jpg
この夏、「いけうち」にこれまでにない注文が舞い込んだ。島根県松江市にある「日本庭園・由志園」は、年間30万人が訪れる人気の観光スポット。4年前から「いけうち」と組み、庭園を冷たい霧で覆うプロジェクトを実施しているが、幻想的な景色は、夏の名物となっていた。ところが、新型コロナの影響で客が激減。そこで由志園が新たに要望したのが「雲」の実現だ。密を避けた屋外で、目でも肌でも涼しさを感じることができる「人工雲」を取り入れ、挽回を狙う。

gaia_20200804_5.jpg
難題に挑むのは、設計課の竹本将孝さん。山口大学大学院を卒業後「いけうち」に入社し、7年間「霧」に取り組んできた。雲と霧は、どちらも空気中の水蒸気が冷やされてできており、上空に浮かんでいるものを雲、地表近くで漂っているものを霧と呼ぶ。今回作る雲は高い位置からノズルを噴射する必要があり、白い雲に見えるようなボリューム感が求められる。さらに肝心な暑さ対策も加わり、課題は山積していた。

gaia_20200804_6.jpg
雲のような見た目と心地よい涼しさを実現するため、4万2000種ものノズルから選んだのは、竹本さんが開発した穴の先にかぎ針がついているタイプ。穴から出た水が直接かぎ針に当たって霧を生み出す構造で、細かな粒を勢いよく大量に噴霧することができるため、雲の立体感と冷却効果を併せ持つと考えた。ところが、ようやく実現した渾身の人工雲を見た由志園の評価はいまひとつ。竹本さんの試行錯誤は続く。

gaia_20200804_7.jpg

量産化も見据える"究極の氷"...飲食店の起爆剤となるのか


新型コロナの影響で屋外の飲食スペースが増える中、暑さ対策で需要が増した「氷」を作る意外な企業がある。創業69年の「サカタ製作所」は、元々金具メーカー。ソーラーパネルの取り付け金具などを製作しており、一時は"太陽光バブル"で躍進したものの、電気の買い取り価格が下落し、売り上げが激減。新たな収益源になるようにと1年半かけて開発したのが、特殊な氷を作る装置だった。

gaia_20200804_8.jpg
「サカタ製作所」が作るのは、極めて透明度が高い、ひとつの結晶でできた「単結晶氷」。周りの冷気で凍らせる家庭の冷凍庫とは異なり、上からの一方向から凍らせて作るため、気泡や不純物が下に押し出され、透明な氷を実現することができる。純度が高い氷は雑味が少なく、味にも大きな差が。製造装置は大学と共同で開発し、装置のカギとなる特殊な加工をした金属板には、金具メーカーの経験が活かされた。量産化も見据える"究極の氷"は、コロナで落ち込む飲食店の起爆剤となるのか。

gaia_20200804_9.jpg
石川県の繊維メーカー「小松マテーレ」は、染色工場から出る廃液と汚泥を再利用し、道路や地面に敷き詰める建材「グリーンビズ」を開発。ゲリラ豪雨対策になる抜群の保水力と道路の表面温度を下げる打ち水効果が評価され、新しい国立競技場の敷地内舗装にも採用されたが、「東京五輪」が延期に...。

gaia_20200804_10.jpg
そんな中、開発者・奥谷晃宏さんのもとに、猛暑の町・岐阜県多治見市から、バス停での暑さ対策にと、試験的に「グリーンビズ」の引き合いがきた。奥谷さんは現地でデモンストレーションを行い、路面に1900個ものブロックを敷き詰めて水を撒き、保水力と打ち水効果による温度低下を実証するはずだったが、思いもよらない事態に困惑してしまう。

gaia_20200804_1.jpg
新技術でコロナショックに立ち向かう人々を追った「ガイアの夜明け」は、今晩10時から放送。どうぞお見逃しなく!

過去の放送が見たい方は、ビジネスオンデマンドへ!

有名医師のアドバイス、医療従事者の声、闘う企業...「新型コロナウイルス」に関する情報はコチラ

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。松下奈緒がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 夜10時

出演者

【案内人】松下奈緒【ナレーター】眞島秀和

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧