• #
  • トップ
  • ビジネス
  • サイボウズ青野社長、「本業に集中しないから副業禁止」はあり得...

サイボウズ青野社長、「本業に集中しないから副業禁止」はあり得ない

ビジネス

テレ東

2020.9.3

20200902_beer_01.jpg

テレビ東京のビジネス番組をネットで視聴できるサービス「テレビ東京ビジネスオンデマンド(以下BOD)」で金曜の夜に開催している、ビール片手にミライを語り合う若手ビジネスパーソン向けイベント『BEER MEET』。


8月14日に開催された第5回では、モデレーターをテレビ東京の片渕茜アナウンサー、報道局の豊島晋作記者、ゲストに「サイボウズ株式会社」社長の青野慶久さん、スープ専門店「Soup Stock Tokyo」などを展開する「株式会社スマイルズ」社長の遠山正道さんを迎え、"会社に縛られない働き方"についてトークが繰り広げられた。

◇◇◇

青野さんが代表を務める「サイボウズ」では現在、副業を積極的に進めており、社員の約3割に副業経験がある。現在、日本でも副業が大きな注目を浴びる中、青野さんは「前提として副業を禁止している方がおかしかった」と話す。

「誰がどこでどう働くかは制限されるものではないし、法律で禁止されてもいない。ただ囲い込みたい会社が就業規則になんの根拠もないのに副業禁止と入れ、縛っているだけなんです。たとえば私は愛媛出身ですけど、兼業農家が多い。もともと副業は普通にあったのに、戦後会社なるものが発達してきて副業を禁止するようになった。それがおかしいんじゃないかとみんな気づき始めた」(青野さん)

こう熱く語った青野さんだが、以前は社員の副業に関しては積極的ではなく、社員からの声が上がったため認めた。

副業をする社員の中に週4日会社で働き、3日は農業する人が現れた。社員はやがて農業とサイボウズのクラウドサービスを組み合わせ、効率的な農業やマーケティング方法を編み出し、社会に発信し有名人になっていった。

この社員が「複業家」の肩書でNHKにも出演した中村龍太さんだ。中村さんが有名になったことでサイボウズのソフトが農業法人に売れるようになり、会社にも大きなプラスになった。

副業は禁止するよりもオープンにする方が結果として会社のメリットになると語った青野さんは「本業に集中しないから副業禁止とかいうじゃないですか。だったらゴルフを禁止した方がいいと思うんです。ゴルフしてたら本業に集中できないですよ」と冗談交じりに語った。

20200902_beer_02 .jpg

『BEER MEET』ではゲストに参加者がチャットで質問することができる。遠山さんには「副業はどこから見つけてくればいいのか」と質問が飛んだ。

遠山さんがポイントに挙げたのが「自分ごと」だ。

「アーティストは誰かに言われたから、ではなく自分の発意でやる。ビジネスでも本田宗一郎や松下幸之助も自分がやりたいこと、ビジョンがあってスタートしていた。だけど昭和の時代でマーケットが膨れ、マーケットに『何が欲しい?』と聞いて、それを作るのが安全だった。だからマーケティングの時代が何十年も続いた。同時に企業の中の人の発意で何かをやる意識が失われた。今は需要と供給が逆転し、供給ばかりになった。今こそ市場に耳を傾けるのではなく、自分たちで何をやりたいのか『自分ごと』として考え、世の中に提案するのが大事。あまり大きなことから考えるとややこしい。自分の経験値、発想から生まれることはもっと足元の小さなことからでいい。その方がリアル。私はプロジェクト化の時代と言ってるんですけれど、一人ひとりが小さなプロジェクトを積み上げていき、それが会社の大きなプロジェクトになっていく」(遠山さん)

また副業をするためにはセルフブランディングも大事との話の中で、豊島記者から片渕アナに「女子アナも生き残りとかよく言われるから考えているんじゃない。プロ野球選手と結婚することがハッピーエンドというストーリーはなくなってるんでしょ」と質問が飛ぶと、片渕アナは「セルフプロデュースはうまい人はいると思います。やっぱりそういう方ってフリーになったりするんじゃないですか」と答えた。

参加者の「副業を許さない古めの会社はどうやったら活用できますか」との質問に対しては、青野さんは次のように答えた。

「シンプルに答えは2つしかなくて、会社を去るか、その人(反対している人)を変えるかどちらかです。うちの会社古いんだよね、古いんだよねといってそこに留まっているのならあなた自身が変わっていない。あなた自身が変わってないのに環境が変わる訳ない。上司が変わることがない。職場環境が変わることもない。厳しめにいうとそういうこと」

このほか『BEER MEET』では遠山さんが三菱商事時代、入社3年目には副業でおでん屋台をやっていたとの話や、青野さんの「会社と向き合う必要はない。会社はある意味バーチャル」との刺激的な持論も展開された。

このイベントの動画はテレビ東京ビジネスオンデマンドで現在配信されている。

9月3日(木)19時からは「株式会社ムスカ」代表取締役CEOの流郷綾乃さん、「株式会社TimeLeap」代表取締役の仁禮彩香さんをゲストに、「SDGs時代が生む未来のビジネスと教育」について語る第6回『BEER MEET』が開催される。

参加希望の方はこちらから(無料です)。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧