• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 14歳で起業した社長が語る「自己肯定感」を高める教育とは? ...

14歳で起業した社長が語る「自己肯定感」を高める教育とは? 第6回BEER MEET

ビジネス

テレ東

2020.9.14

beer_meet_20200914_01.jpg
テレビ東京のビジネス番組をネットで視聴できるサービス「テレビ東京ビジネスオンデマンド(以下BOD)」で金曜の夜に開催している、ビール片手にミライを語り合う若手ビジネスパーソン向けイベント『BEER MEET』。

9月3日に開催された第6回イベントでは、モデレーターをテレビ東京の田中瞳アナウンサー、報道局の豊島晋作記者、ゲストにハエの幼虫を活用して食を支える飼料と肥料をつくる「株式会社ムスカ」CEOの流郷綾乃さん、小学5年生から高校3年生までのオンライン起業家教育プログラムを提供する「株式会社TimeLeap」代表の仁禮彩香さんをゲストに迎え「SDGs時代が生む未来のビジネスと教育」をテーマにトークが繰り広げられた。

女性起業家2人の登場とあって、普段よりも多くの女性参加者が集まった。

自己肯定感を生むためには?


イベントでは「SDGs時代に注目されるビジネスとは?」「自己肯定感を生む新しい教育のカタチ」「ゲストが語る、私流ビジネスマインド」の3つのテーマが語られたが、中でも盛り上がったのが「自己肯定感を生む新しい教育のカタチ」についての話だった。

流郷さんは大学進学よりも自分の手に職をつけたいと考え、アロマテラピストの道に進む。
その後、スタートアップへの転職、フリーランスの広報を経て、現在のムスカのCEOに就任した。

流郷さんが教育の中で自己肯定感を得たのが中学校の生徒会だった。

「中学の生徒会の時、掲げていたスローガンがすごく立派で『生徒が主役』だったんです。そこで主体性、自己肯定感を学べた。自分から発信すればできる。大人が理解してくれる。今までは受け取るだけの教育だったものが、自分から発信していいんだと知った。その経験は大きかったです」(流郷さん)

対照的に中学校時代に自己肯定感を全く得られなかった豊島記者から「アナウンサーになる人が自己肯定感が高いのでは?」と田中アナに質問が飛んだ。

田中アナは少々困惑しながら「やっぱり高めの人が多い業種だと思います。ただ私は珍しく高くないと自分では思ってます。私も学校があまり楽しくないと思っていた一人で、何もせず過ごしていたんですけど、誘われたイベントに出たり、ちょっとずつ人前に出るようになり、人に認められるようになってから自己肯定感がちょっとずつ上がってきました」と言葉を選びながら話した。

beer_meet_20200914_02.jpg

自己肯定感が下がったときはどうすればいい?


この言葉を受け、仁禮さんは「田中さんの話みたいに、自分から何かをやってみて認められることが自分という人間がどういう人間かをわからせてくれたり、それでいいんだと思うようになる。それが自己肯定感だと思います」と自身の考えを明かす。

仁禮さんは14歳で起業し教育関連の事業を始めたことで知られるが、日本の学校教育が社会に出た際にはたして役立つのか疑問をもったことが起業の理由の一つだった。

「自己肯定感は結果的に育まれていくんですけれど、そのためには自分で行動し、実践の中で体感を得ないと、自分を知ることも、自己肯定感を得ることも難しい。テストで100点取れる人はある意味自己肯定感を得られるけれど、勉強ができることがそのまま仕事に活かされる人ばかりじゃない。勉強で自己肯定感を得られない人たちを学校でサポートしてくれない。私もサポートしてもらえず、日本の教育では自己肯定感を得られなかったです」(仁禮さん)

現在代表を務める「TimeLeap」では起業家教育プログラムを提供しているが、その中で社会と接点を持つこと、自分の得意不得意を知ることが大事だという。

「TimeLeapの起業家教育ではサービスを作り、世の中に出していく。そのサービスがうまくいったら自分の才能に気付いたり、やりたいことがわかる。うまくいかなくても自分で振り返ることができれば、『最初はCEO的なものをやったけれど、サポートする方が得意かも』と気付けたり、自分の役割が認識できる。それだけでも価値がある。日々のミーティングの中で何か発言が認められたり、プレゼンが評価されたり、小さいアウトプットを出していくことで自己肯定感が高められます」(仁禮さん)

では逆に「自己肯定感が下がったとき」はどうすればいいのか。

流郷さんから質問が飛ぶと仁禮さんは「人間の心理は波があるから、落ち込むこともある。自己肯定感が高いことが大事だとは思っていなくて、自分でバランスをとれることが大事。バイオリズムには波があるから永遠にダウナーが続くわけではなく、また戻れるという希望を持てるかどうか」と見事な回答。

これには流郷さん、豊島記者、田中アナもうなっていた。

このイベントの動画はテレビ東京ビジネスオンデマンドで現在配信されている。

次回のBEER MEETは9月15日に行われる「新しい世界の次のスタンダードが集まる場」をテーマとした無料ビジネスカンファレンス「Reversible World 2020 ~Adventure after COVID-19~」内で開催。ゲストとして「株式会社Luup」社長の岡井大輝さん、「ファクトリエ」代表の山田敏夫さんが登壇する。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧