• #
  • トップ
  • ビジネス
  • ひろゆき「それVR関係なくない?」"VRアーティスト"せきぐ...

ひろゆき「それVR関係なくない?」”VRアーティスト”せきぐちあいみに激辛ツッコミ

【ひろゆきvsせきぐちあいみ】NFTはもうかるのか?【お金の価値、崩壊?】

今回はVRアーティストのせきぐちあいみさんをお呼びして、デジタルアートとNFTの創る未来について、ひろゆき、イェール大学の成田悠輔助教授がせまる!

ビジネス

テレ東

2021.8.19

ホンモノの経済でもっとたのしく!「日経テレ東大学」YouTubeチャンネルで配信中!

米イェール大学助教授の成田悠輔と、2ちゃんねる創始者の西村博之(ひろゆき)が、日本や世界の根本的な問題に新しい視点を提供し再定義するトーク番組『Re:Hack』。

今回は、VRアーティストのせきぐちあいみをゲストに迎えて、VRとNFTが生み出す未来を再定義する。

nikkeitvtokyo_20210819_01.jpg

アートの価値はタレント性?


まずはじめに「VRアートって何?」という疑問を解決するべく、せきぐちがVRゴーグルを着用してライブペインティングを披露!

バーチャル空間上で様々なブラシや筆を活用し、あっという間に幻想的な動物を描きあげた。以前からVRアートに興味があったという成田は、感動の拍手!

nikkeitvtokyo_20210819_02.jpg
一方、ひろゆきからは開口一番「うーん。ライブでやる必要あるのかな?」と激辛なコメントが。せきぐちは「いきなり完成形だけ見せても、他のCG作品との差異がわかりづらいので、人の手で描き出したアートであると伝える上でライブパフォーマンスは必要」と反論。

これを受けてひろゆきは「ライブパフォーマンスが主だとすると、出来上がった作品に価値があるというよりは、せきぐちさんというタレントありきの商品では?」と食い下がる。VRアートにおける『価値』はどこにあるのかと、いきなり議論はヒートアップ!

そもそもVRが解決してるものって何?


せきぐちは、そもそもVRアートに注力している理由を「VRを世間に広げるため」と語る。VRが一般化すれば、SDGsの目標に掲げている環境保全、ジェンダーレス、地域格差など多くの項目をクリアできるという期待を持っているためだ。

nikkeitvtokyo_20210819_03.jpg
せきぐちのVR待望論に対しても、ひろゆきからは「それはVRではなく、インターネットが解決することでは?」と火の玉ストレートのツッコミが炸裂。

nikkeitvtokyo_20210819_04.jpg
インターネットで解決できる部分はあるとしつつ、「VRによって没入感が高まり、体験や学びが深くなる」と、自身の体験から異議を申し立てるせきぐち。

VRが社会課題の何を解決してくれるのかーー。インターネット代表vsVR代表(とも言えなくはない)両名の議論はさらに白熱!

現在のVRは過渡期?


VRというと近未来なイメージがある一方で、せきぐちの体を使ったライブパフォーマンスは「懐かしさを感じる」と成田が指摘。
現在のVRアートは、技術的な制限からコントローラーやジェスチャーなど身体を使って描く必要がある。しかし、結果としてその制限が、一般的なCG作品との違いとなり、面白さになるとせきぐちは力説。

nikkeitvtokyo_20210819_05.jpg
そんな説明をずっと何か言いたげに聞いていたひろゆきは「VR空間はなんでも出来るのに、タレント性を重視したライブパフォーマンスによってその部分が失われてしまっている」と改めてVRでのライブパフォーマンスに辛口なコメントを!
VR空間では最終的に脳波などと連携し、生身では不可能な描画や表現方法が一般化していくというのがひろゆきの考え。

この未来予想図には、せきぐちも同意を示しつつ、その世界にいくまでの『過渡期』だからこそ、ライブパフォーマンスでVRアートを表現することが重要だと改めて強調した。

せきぐちさんのNFTアート作品が約1,300万円で落札!そもそもNFTって?


VRアートについての白熱した討論は一時休戦し、せきぐちの活動は「商売になっているのか?」という日経テレ東大学らしい話題へ。

せきぐちxお金の話題では、「せきぐちのVRアート作品がNFT化されて約1,300万円で落札された」という景気が良いニュースが有名。
このニュースだけ切り取れば良い商売になる予感もするが、そもそも最近よく聞く『NFT』とは一体何なのか?

nikkeitvtokyo_20210819_06.jpg
簡単にいうとNFTとは、「ブロックチェーン技術を活用して、デジタルコンテンツの所有を証明する鑑定書」のようなもの。
つまり、せきぐちが約1,300万円で売ったものは、正確には作品ではなく『作品を所有しているという鑑定書』になる。作品自体は誰でも閲覧もコピーも可能で、著作権はせきぐちが保有したままだが...。

nikkeitvtokyo_20210819_07.jpg
曖昧なNFTの売買について「何の権利を売っているかわからない。NFTを売ったというが、何を売ったの?」とバズワードを取り巻く根本的な問題を投げかけるひろゆき。
VR界だけでなくNFT界を代表する存在と言えるせきぐちが返した答えとは!? 果たしてNFTに未来はあるのか!?

nikkeitvtokyo_20210819_08.jpg
日経テレ東大学」YouTubeチャンネルで配信中!です。お見逃しなく!

※番組情報
人類にとって「お金」とは?〜暗号資産の未来〜【Re:Hack】

出演:
成田悠輔(半熟仮想株式会社代表、イェール大学助教授)
西村博之(ひろゆき 2ちゃんねる創設者)

ゲスト:
せきぐちあいみ(VRアーティスト)
ピラメキパンダ(テレビ東京所属 パンダ)

日経テレ東大学とは?
テレビ東京コミュニケーションズと日本経済新聞社が「本格的な経済を、もっとたのしく学ぶ」をコンセプトに立ち上げたガチで学べる経済バラエティYouTubeチャンネル。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧