• #

調達額は今年最大の1兆3500億円 新興EVメーカー「リビアン」が上場<モーサテ>

ビジネス

テレ東

2021.11.11

txbiz_202111111200_01.jpg
今年最大の上場となった「リビアン」。

EV(電気自動車)の新興メーカー「リビアン・オートモーティブ」が10日、IPO(新規株式公開)で上場しました。調達額はおよそ1兆3500億円で今年最大の上場案件となりました。

2009年に創業したリビアンは、アマゾンや自動車大手フォードなどから出資を受けており、アマゾンとはEVの配達バンを2030年までに10万台納入する契約を結んでいます。

初値は公開価格より37%高い106ドルで、一時119ドルを付けました。まだ150台あまりしか出荷していないにも関わらず、初値での株式の時価総額はおよそ10兆3000億円と、アメリカの自動車最大手GMを超えました。

※Newsモーニングサテライト


※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧